犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石田徹也遺作集
石田 徹也著
求竜堂 (2006.5)
ISBN : 4763006290
¥3,150


画家本人と思われる人物がどの絵にも出てくる。
うつろな眼差しをしていて、虚無的で、グロテスクなくらい心に入ってくる絵。
けして部屋に飾りたいとは思わないけれど、気になる作品集です。
石田さんは、とりつかれたように絵だけに打ち込んでいた人のようです。とても好きなこと、自分を表現できるやりたいことに出会えた彼は幸せだったと思う。でも楽しむというよりも自分の身を削って創作していた感じがする。
今の社会を風刺しているとともに、自分の傷ついた心を投影している。
もしかしたら、自分以外の人の痛みも自由自在に絵に表すことができる人。彼ほど純粋でナイーブな画家はいないかもしれない。

新しいテーマに取り組もうとしていた矢先に亡くなったということで、とても残念です。

コメント

確かに部屋には飾りたくないけど気になりますね。
私も気になる女の子の絵があります。
絵の女の子もブスッとしてまして妙に目がいきます。
他にはゴッホとかの陰気な絵も気になりますね。
飾りたくはないけど。

あんまりよく知らないけれど、ゴッホって陰気かなぁ。
本人は、確かに明るい人ではなさそう・・・
でも絵で何かを伝えることができるっていいよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/204-92fcff81

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。