犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々にライトノベルを読んでます。
あとちょっとで読み終わるので読んでから帰ろうと
仕事後に机で読書をしていると、

「妙にかわいい表紙だね~、そんなの読むんだぁ。」
とのお言葉。

そうです。読むんです。

     @  @  @

何を読んでいたかというと…
『彩雲国物語 ~はじまりの風は紅く~』雪乃 紗衣著

今、わたしは<予約>の仕事もしているのですが
この本は予約が多い、
そしてどうやら幅広い年代の人に読まれているようなんです。
まさに老若男女!字のごとく。
どんな話なのか気になるじゃないですか!!

物語は、古代中国ファンタジーといったところ。
家柄はよいが、実は家計は火の車というお姫さま秀麗が
高収入にひかれて、やるきのない王の教育係として(表向きは妃として)王宮へ!
さて、どうなることやら…

藍、紅、碧、黄、白、黒、茶のそれぞれ色の姓をもつ名家があったり
<国試>という試験があったり中華的要素満点です。

しかし、主人公の知らぬところでいろんな展開が…
もっと秀麗が、ばりばり活躍するのだと思っていたけれど。
まぁ、老若のステキな殿方たちが活躍してるので
それはそれでいいんですけれど。
というか、1番すごいのはじいさんなのか?!

テンポがあって、あっさりと読める手ごろ感がいいですね。
デビュー作ということで、今後の期待◎

     @  @  @

と、読んでいるそばから
「中国っぽい?ってことは『十二国記』みたいなの?それとも田中芳樹?」
「おすすめのライトノベルってなに~?」

などと、話は進んでいくのでした。
いや、読んでるんだって!

『十二国記』は、1冊めで挫折したtorotaです。
サルとかでてきて、かなり重くて読んでて楽しめなかったんですよね。
そんなことを言ったら1巻目から読んではだめだ、との指令が。
2番目の『東のなんちゃら』から読むと楽しいらしい。

う~ん、じゃあ再チャレンジしてみようかな~。

20051206224825.jpg


     そんな話をこっそりと聞いている
     おたま&タミフル(みかん)






20051206225053.jpg
 
      だって、“タミフル”。
      (見えづらいけど、書いてあるんです。)
      なぜかよく机の上のみかんに顔ができてる。
      ビタミンCで風邪知らず。








彩雲国物語 はじまりの風は紅く
雪乃 紗衣〔著〕
角川書店 (2003.11)
通常24時間以内に発送します。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/20-f0fd5c98

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。