犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とろたとの遭遇は2004年9月13日のことでした。

その日、なにやら気配を感じて縁の下をのぞいてみると…
なんかの物体が!
四つ巴になって<ふみふみ>
していました。

ふみふみ?

と、その傍らには恐ろしい形相の<ママ>が

シャーッ

・・・

なんてこった、ネコが縁の下でコドモ産んでる。
少し前にも子猫が鳴いている声を聞いて、うちで生まれたらこまるなぁ
って思っていたところだったのに。

以前のテリトリー保持者<ミミちゃん>が死んで、
7月に我が家の愛すべき<おじいたん>が死んで、
ネコにとっては穴場テリトリーだったのかもしれない。

次の日もこっそりのぞく。

シャーッ

人間には厳しいママも、授乳姿はまるで聖母だ。
子猫は4匹。白2匹と黒と白のぶち2匹。
かわいい、けれど困る。
悩んでいる人間をよそに
その後すぐにママは引越し作戦を決行したのでした。
人間なんかにつかまってたまるか!

9月末の台風
うちには来るなと思いつつ気になる。
ついついストーカーのように探す。

裏の家の空いている犬小屋に潜入しようとしている様子のママ発見。
しかし。
犬小屋には蓋がしてあり。
(どうやら以前に子猫が生まれてしまったとかで)
小屋の付近でさらにうろうろしているママ。
かわいそうだけど、どうしてやることもできず。
気がつくとどこかへ行ってしまっていたのでした。

10月頭の台風もすぎ、しばらくした頃
庭にふみふみが!
白の2匹は見あたらず、ぶちの2匹とママが遊んでいた。

そして11月。
彼らは空いている犬小屋に住み始めたのでした。

2.jpg

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/2-ae4ea0d9

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。