犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
掘っても掘っても砂が上から覆いかぶさり、
隣を見れば、掘っただけ水が!
で、のどが渇いているのにその水を分けてもらえない・・・。

2006年最後の1ヶ月はこんな気分でしたね。

というわけで、ネット社会からも遠ざかっておりました。
新年ということで、そろそろ復帰しようかと。
現実逃避的に、映画だけはやたら観ましたので遅ればせながら感想などぽちぽちのせると思います。

ところで、図書館員のサガなのか、長期休みに入る前にはやたらと本を借りてしまうのです。
この休みの間に、あれも読もうこれはどうだろう?なんて考えているとものすごい量になっていくんですね。
借りたってすべて読み終わったためしがないのですが。
1冊も読まなかったり・・・

懲りずに今回もたんまり持って帰ってきましたよ。
俳優の児玉さんが、絶賛していたジェフリー・ディーヴァーのハリー・ライムシリーズ最新作。
そんなに面白いのか、でも1冊も読んでないぞ。
ということで、1作目「ボーン・コレクター」。
毎回借りては読まずに返すだけが続いているリンゼイ・デイヴィスの密偵ファルコシリーズ。
海外ものならミネット・ウォルターズがおすすめ! と言われたのでまずは最初の「氷の家」。

そうなんですよ。
なんだか海外ミステリーづいちゃうんですよね。年末って。
シリーズがたくさんあるので、なんとなく後回しになっているのをがつんといこうぜ!気分だけ。
もちろん日本の作家さんのも無駄にたくさん借りてます。

ああ、重かった。
これが単なる筋トレで終わらぬよう。

すでに、正月に入りましたがまだ1冊しか読み終わってません。
ま、埃しかたまらないお部屋の掃除とか時間ばかりかかる正月料理とか。いろいろやることあるってことで。

今年もよろしくお願いします。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/188-0e376091

「密偵ファルコ 白銀の誓い」リンゼイ・デイヴィス / 古代ローマの私立探偵

ああ、古代ローマ!およそ1000年の長きにわたって存続し、西洋の母胎と言っても過言ではない、この一大文明への尽きせぬ興味よ!……と一発ぶちあげたところで、そこは生臭好きな僕のこと(笑)、古代ローマの実に絢爛たる文化よりも広大なる版図がどのように統治され

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。