犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
癒やされない犬のほん
江村 伸雄著
新風舎 (2006.7)
ISBN : 4289002110
¥1,313


11月の終わりに話題になった、崖犬救出劇。知らなかったのですがワイドショーで中継したんですね!
いやはや、すごい。日本は平和だなぁ。あまりの報道の加熱ぶりにご近所さんはレスキューの方々に同情したらしい。あとには引けない全国ネット。成功させなければという無駄な緊張感で現場はピリピリ。いったい報道ってなんなんでしょ。
1匹の犬への対処がどうこうという以前に、レスキューの人にプレッシャーかけてどうするという感じですね。

さて、その犬を引き取りたいとたくさんの申し出があるそうです。
悪いことではないですよね。
でもいったい何を感じて?
もし野良犬という境遇を不憫に思ったのだとしたら、別に他の犬でもいいんじゃないだろうか。
地域の保健所などで死ぬ運命にある犬や猫は多量にいるんですから。
その気持ちを広げて考えた時、どうしてもあの崖犬だけにこだわってしまうのだとしたら、そもそもあの犬を引き取ることは止めた方がいい。

(あ、そんなこといって誰一人あのコを引き取る人がいなくなってしまっても困るのですが。)

人間の勝手で捨てられて、勝手で拾われて。
それは間違ってる。と、思うんですよ。

犬を飼っている人が耳をすませば、
毎日餌をやって散歩してたまに遊んで。
そうすれば犬にとって最適と思ってるかもしれないけど、俺はあたしは言いたいんだよ。
毎日同じ餌、同じ散歩コース、なにも変わらない生活。
それでもあなたたちを癒やしてるでしょ?癒やされちゃってるんでしょ?
たまにはぼくらを癒やしてよ!
なんて言われちゃうかもしれない。

ふと道で行き会った犬に安易に近づくと
癒しを求めるのなら、ほかをあたったほうがいい
なんて言われちゃうかもしれない。

アニマルセラピーなどというものがあるように、
人間は動物の力に触れて心が休まることがある。
だけど、いつももらってばかりということはないだろうか。
世の中には逆に犬が生活のすべてという人もいて、それはそれでどうかとは思いますけれども。

写真のよしあしは置いといて、目の付け所がタイムリーな1冊。

ちなみに
徳島新聞のサイトでは<崖犬を救出>というバナーができていた。
みなさまの知りたい欲求には応えてますね。

コメント

まさにtorotaさんの意見は物事の真を突いていますね。ペットショップでも同じ事が。
うちの兎の餌さを買いに行ったらいっぱい売られる予定の子犬が居て、その横に売れ残った少し大きな犬が居て、何だか命の重さを感じました。自分もエゴで兎をペットとしてるのですから、他人の事は云えないんですけどね。

いまさらレス

真を突いてるとか言われると照れてしまいますが。
ペットショップで売れなかった動物ってどうなってしまうんでしょう?
なんとなく怖いけど、気になります。
それにしても何故みんな同じ種類の犬を飼いたがるのでしょうね。売る方も制限とかないんでしょうか。
それで捨てるんだからさ。
人間って・・・!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/187-38a61f5e

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。