犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画を観た後でだれかと話ができるのはうれしい。
観立てほやほやの興奮を伝えあう楽しみを考えると、一人もいいけどふたりもいいな。

富永まい監督デビュー作「ウール100%」をみてきました。
2003年のサンダンスNHK国際映像作家賞受賞作品。
NHKで放映していたサンダンスの宣伝番組でちらっと紹介されていて、
気になっていたの。
白髪おかっぱ老女の姉妹meets真っ赤なセーターを着たおかっぱ少女。
不思議な交流があって、頑なな心もほどけるよーと
ほんわかムードを勝手に想像していたのです・・・が!!

全然違った。

えーと、妖怪大戦争ですか?

ふたりで暮らす梅さんと亀さん姉妹は、捨てられているものたちを拾ってはとても大切にしました。つまり家はゴミ屋敷。
そしてある日、真っ赤な毛糸玉を拾うのですが…

毛糸玉とともにやってきたアミナオシの威力には、口をあけて笑ってしまった。
編んではほどき、ほどいては編む。
そして、超大きな声で
「あーみーなーおーしー!!」

不思議老姉妹は、岸田今日子と吉行和子。この組み合わせがきたらこっちの方がモノノケかと思ってしまいましたが…大好きな組み合わせです。アミナオシには『誰も知らない』で長女を演じた北浦愛。最初はかわいいのかどうか顔すらもよくわからなかったけど、まるでスルメのごとくじわじわきます。
途中アニメーションになった戦いのシーンがよかったなぁ。
ついその気になっちゃうんだよね。あぶないあぶない。

肩の力抜きつつ、油断できないような不思議感。
意味があるのかそれともないのかないようであるような寓話みたいな映画。

どうしてもここの意味は?あそこはどうだ?と解明したがりな私ですが
意味なんてなくてもいいんじゃない。と言われてはたと気づいた。
この映画は見る人によっていろんな解釈ができる。
ただ楽しむもよし。
編み棒振り回し、モノノケ対決!
深くその奥をさぐるもよし。
2人の過去の記憶、ものを愛する心と執念。

私は、そうだな。
私は、モノを捨て世界を知れ。って感じでした。
なんだそのまんまかい。

モノノケばんざい。

コメント

映画は久しく見に行ってませんね、残念なことに。
torotaさんは色々なジャンルのを満遍なく見てますね。
確かに映画を見終わったときに感想をお互いに言い合えるのは良いよね。
最近みたといえば映画館で観られなかったかもめ食堂をみました。
穏やかな映画でしたが、暖かい気持ちになれました。

そうですねー、先月はよく観にいってた気がします。
現実逃避ですな。はは…。
「かもめ食堂」は、いいよね。
色がすきっと際立っていて、外国なんだなぁ。
その中にあの3人がいるっていうのがいいですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/184-b5725266

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。