犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1940年代のアメリカで実際におこったブラック・ダリア事件。
それをジェイムズ・エルロイが小説にし、そしてその小説をブライアン・デ・パルマ監督が映画化。
エルロイの小説は、ぐいぐい惹き付けられて、あっという間に<暗黒のLA4部作>を読んでしまった。すでに映画化された『LAコンフィデンシャル』は評判良かったですけれど。
小説としては『ブラック・ダリア』の方が印象的なので、ハリウッド的には満を持してといった感じなのでしょうが。

元ボクサーの2人の刑事バッキー・ブライカート(ジョシュ・ハートネット)とリー・ブランチャード(アーロン・エッカート)そしてブランチャードの恋人ケイ・レイク(スカーレット・ヨハンソン)。警察のPRのために試合をしたのがきっかけで3人は親密になる。そこへ女優志望のエリザベス・ショートという女性が惨殺される事件が。彼女の風貌からブラック・ダリア事件と呼ばれるようになるこの事件にのめり込むブランチャード。その異常なまでの妄執にこれまで彼に引きずられるようだったブライカートが真相を探り出し・・・

そして3人のバランスが崩れていくのですね。
事件に絡む妖しい美女マデリン・リンスコットをヒラリー・スワンクが演じているのも必見と言えなくはない。これまで男気のある役が多かっただけに意外性は抜群です。
スカーレット・ヨハンソンは美しいけれど、彼女の現実的でない美しさが中途半端に現実に降りてきていた。もっと綺麗だと思っていたんだけどなぁ。それだけにね、妖しい美女スワンクの方が目立ちました。でも、すごく綺麗とは思えなかったですけれど。
<ブランチャード>と<ブライカート>名前が似ているのでどちらがどちらか最初は混乱です。

ジョシュ・ハートネットはこんなに気骨のある役できるんかいなと思っていたら結構はまってました。新しい道を発掘です。

原作を読んでいたから理解できた部分は多かったでしょう。
ひとつの事件を中心にたくさんの真実が明るみにでるのですが、それが逆に散漫な印象を与えてしまったのでもう少し何かが欲しかった気がしました。その当時のハリウッドの闇が伝わればもっとノワール感がでてよかったと思います。

お金返してってほどではないけれど、こんなもんかなぁって感じです。

コメント

ジョシュ☆

一時期はまった俳優さんだよ~
そういえば、これに出てたねぇ
映画は、いけないのでDVDになったらみるかなぁ~
ジョシュくんって妙に・・B級ものばっかにでるようになちゃって・・・っと思ってたけど
またまた戻ってくるのかしら??(笑)

どうでしょう。

そういえば、好きだったね~。
本当に以外でしたが、男らしい感じでしたよ。
筋肉なぞついてまして。
ぜひ新しい一面を見てあげてね。
でも、前髪おりるとぼっちゃんになっちゃうのだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/183-8242c6a6

◆『ブラック・ダリア』(2006/ブライアン・デ・パルマ)鑑賞雑感

こんばんは、ダーリン/Oh-Wellです。さてさて、11月も残すところ1日と数分^^ほど……。今月の目標だった10エントリーは厳しくなって来たかなぁ~(笑)―さて、前回のエントリーでは、この9月以降に鑑賞した新作公開映画10本ほどを4つの区分の中に当てはめてみた訳なので

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。