犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
老舗は威厳がありますね。かの有名な虎屋の羊羹。ずっしり重いそれを私は食べたことがありません。けれど日本人なら誰もが名前を知っている。
そんな和菓子の老舗虎屋の本社へ。
20061128162023.jpg

目当ては和菓子ではなくこちら↓
20061128162034.jpg


青柳豊和-さわって遊べる木の和菓子
永田哲也-菓子木型でかたどった「和菓紙」
福留千夏-極小!ミニチュアの世界と工芸菓子
亀井紀彦-作家と職人のコラボレーション
森村泰昌-特別出品

ちいさなギャラリーに所狭しと飾られたアート和菓子たち。
木のおもちゃは実際に触ることもできました。おまんじゅうを割ると中から小豆がでてきたりとても楽しい。
で、ふと視線をあげると。

おおっ!(ま、実際にギャラリーでこのように声をあげたわけですが・・・)

たい焼きの海がー。
紙好きとしてはこの「和菓紙」を見たくて行ったはずなのに、知っていたのに驚いてしまった。
一瞬本物の干菓子かと見まごう精巧さとかわいらしい飾りつけに、目を皿にして食い入るようにして見てしまった。

どの人の作品も食べちゃいたいくらい素敵でしたよ。

ただ、ピピッ!カシャッ!という音が聞こえた時は心がゆれました。
明らかにデジカメの音。堂々と作品を撮っている人がふたり。
注意しようか、しかしギャラリーの人でもないのに小姑すぎるか・・・
その間は作品よりもそれが気になって。
どうするかーと逡巡しているとやっと会場の人が気づいてくれました。
ものが入り組んでいるので気づきづらいですね。
入り口に<カメラも携帯も×>の表示はあったのですが。
ひとりが注意されたのを見てもうひとりの人も自発的に告白してました。なので悪い人ではないのだろうなぁ。

でも、ギャラリー内で作品を撮影してはいけないというのは常識ではないでしょうか。

菓子資料室虎屋文庫のサイトはこちら↓
http://www.toraya-group.co.jp/gallery/dat_index.html#gallery001

帰りは霞ヶ関を抜けて日比谷へ。
途中に偶然"三年坂"をみつけました。(『江戸の坂』参照)とてもなだらかで、坂?という感じです。でも、こうゆう坂が長く続くとマラソンでは大変ですね。

コメント

確かNHK日曜美術館でも紹介していませんでしたか?
でっかい鯛焼きは目出度そうでした。実物はいかがだったでしょう。
とても気になった展覧会でしたが、明日まででは私は行けず終いになりそうですな。
身近に行った人がいたとは~。
ちょっと悔しい(^^:)

そうですね。

日曜美術館でみて行ったクチです。
鯛焼きでかなりスペースとってました。小さいのから超でか鯛焼きまで!
実物をみて幸せ~な感じになったよ。
小鯛サイズで針金のようなものにささっているのもあって、それはつつくとプィンプィン動くのでトロタが喜びそうでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/180-fb3d069c

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。