犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
駅の近くでたまに見かける黒猫がいた。
とても気さくでいいやつ。

ある日通りかかるとふたりのおばさんがケージに捕まえようとしているではないですか!
ふんふーんと気になりつつ通り過ぎたのだけど、どうしてもどうしても気になって

「いったい何をしてるんですか?(三味線にする気か?)」

すると、去勢手術をするために捕まえるのだそうです。
そうか、そうゆうこともあるなぁ。
そして自分たちは自腹でやっていること。手術の際に健康チェックもすることなど教えてくれた。獣医の先生もほぼご好意でという感じ。
この辺では"猫取り"がまだいて、猫を連れてっちゃうから注意しないと三味線にしちゃうのよぉ。
という情報もくれました。
とろたも気をつけないといけないのかも。首輪してないし。どんくさいし。

検討を祈りつつ家に帰る。

数日後その道の隅に箱が置かれていて、その上には<地域猫としてかわいがってください。去勢手術済み>などと書かれていた。
しかしその後さらにメッセージが・・・
別の人が書いたのであろうその内容は
<猫が好きな人間ばかりがいるわけではない。箱など置かれて迷惑だ。>といったものでした。

確かにノラ猫を保護しようと活動している人もいれば、猫被害にあっている人もいる。猫嫌いの人もいれば動物好きの人もいる。
いろんな人間がいて、それぞれがそれぞれの言い分を持っているのだろうね。

でも、猫の言い分は?
いったいなんでノラ猫になった?なんでノラ猫が増えた?

その後、黒猫を見かけてません。
いつの間にか箱もなくなってました。

捕まえられて病院に連れて行かれる、それだってノラ猫にとっては一大事。戻ってきたからといってこれまでどおり人間と付き合えるのかな。
人間が良かれと思ってやったこと、それさえも猫にとっては迷惑だったのかもしれない。
じゃあ放っておいてどんどん子猫が生まれればいいのか。
じゃあ捕まえて殺しちゃう?
自分は何も関係ないよと通り過ぎる。だってうちの猫じゃないし。猫なんて嫌いだし。困ってるのはわかるけど誰かがどうにかすればいい。

これが現実なのだ。がんばれノラ猫。人間なんかよりずっとずっと逞しく。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/177-1c11a820

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。