犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いま生きているという冒険
石川 直樹著 / 100%ORANGE装画・挿画
理論社 (2006.4)
ISBN : 4652078161
価格 : \1,470


理論社がYA(ヤングアダルト)新書として出している「よりみちパン!セ」シリーズというものがあります。
最初の頃、みうらじゅん著の「正しい保健体育」を読んで度肝を抜いてくれたステキな新書シリーズ。(といっても本は新書よりも大きいのですけれど。)あそこまで教えちゃっていいものなのでしょうか・・・しかし、YA新書と銘打つならばやらねばならんのでしょう。

そのシリーズに石川直樹さんの本を見つけました。
彼の存在を知ったのはたしか、登山家の野口健さんがもっていた七大陸最高峰登頂(7SUMMITS)最年少記録を塗り替えて23歳で達成したという話を聞いた時。(現在は違う人が記録者です。)
インド放浪、カヌーでユーコン下り、Pole to Poleプロジェクトでの南極から北極まで人力旅、ミクロネシアの古来の航海術スターナビゲーションを現地の人に習ったり、果ては気球に乗ってどこまでも・・・まさに冒険家。

そんな彼はどんな人なのだろう。どんな旅をしているのだろう。

生ぬるい日本という現実にいて、失われつつある"生きている"という感じ。それを求めて旅を続けるわけです。もちろん本によって別世界を旅することができるということも知っている。
でも、それでもやはり自分の持てる力を出し切って生きる、そんな冒険を一度でも体験してしまったら、抜け出すことはできないだろうな。

彼が旅をする理由は別に特別なことじゃない。誰だって緊張で心がヒリヒリするような、なにもわからなくて自分の無力さを思い知らされるような、そんな旅をすれば生を感じることができるとわかっています。
しかし、それを実際に行動におこす人はどれくらいいるのか。
少ないからこそ冒険家にあこがれるわけで、行動し冒険することのできる行動力がなければやはりそこで終わり。
実際に旅をして、戻ってくる。その人の話に耳をかたむけることで世界を思うの。

印象に残ったのは、ホッキョクグマに遭遇したエピソードで書かれた

いま見ている世界が世界のすべてではないということを思い出させてくれるこのような瞬間を、一つ一つ蓄積していったとき人はどんなところにいても"世界"を感じることができる(P116)

という言葉。

毎日の中で"世界"を感じることがどれくらいあるでしょう。
ここを出て外へ目を向けて初めて、本当に生きることができるのかもしれない。


石川直樹さんのwebサイトはこちら→http://www.straightree.com/index.html

コメント

読書の秋?

秋の夜長に読書と思い読み始めたのですが第三者からの看護師を観た内容の本でした。
タイトルは「看護婦の世界~天使の仮面を脱ぎ捨てて」というやつです。
かなり笑えました。
最近20代は調査によると本離れが進んでいるようですね。
私も馬鹿な大人ならないように今秋は読みまくろうと思います。

読書の秋!

やっぱり、自分の職業に関する本って気になるよね。
天使の仮面なんてつけてたら、働けないかも。
でもやっぱり、男の憧れ白衣の天使、でしょうか。
活字離れはどの世代にも言えることみたいです。
子どものことばかり懸念する声が大きく聞こえるけれど、実際は親の世代も離れているのですな。
職場が職場なだけに気になる話題ではあります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/161-1ad66d66

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。