犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「デスノート」を読みました。
今の少年誌ってすごいんですね!あのすごい文字量と人間不信になりそうなくらい裏の裏を読んでいくあたり小学生に理解できるのでしょうか。
しかし売れているだけあって面白いです。残念なことに11巻までしか借りていないので、蛇の生殺し状態。最終巻プリーズ!

死神リュークが人間界に落とした"DEATH NOTE"を使って主人公が自分の理想の社会を築こうとするお話。なのかな?
途中からずいぶんゆがんでますからね、ライトくん。うすら恐ろしい世界なんだけど、浦沢直樹の「20世紀少年」に比べると確実に架空の話なので、視点としては主人公ライトと彼を追い詰めるLというふたりの天才の勝負をひたすら面白く読める。
ただね~、こうゆうの読んで変な方に影響受けちゃうお子さまがいるとちょっと・・・(すぐこうゆうことが気になるなんて、ああ、年を取った証拠だね。)

かくいう私も本や映画を観るとすぐにそっちの世界へ妄想入っちゃうので気をつけねば。
映画化作品にはまったく興味がなかったのですが、コミックを読んだ勢いで、なぜだか行く気満々になってしまった。ああ、影響受けてますね~。
で、行ってきましたよ。

「ダ・ヴィンチ・コード」を抜いて第1位!鑑賞後、8割以上が絶賛!
ってことでしたが・・・
映画館へ入る瞬間、どうしようか迷った心に従ったほうが正しかった・・・か?
いやいや、どんなものでも観てみないとホントのところは語れませんからね。
などと、考えてしまうくらいな感じでした。
つまり、私は8割には入らなかったということで。
コミックを読んでいなかったら逆によかったのかもしれない。でも、コミックを読んで面白いと思った人がくるのだろうし。難しいところですね。
原作にはいない登場人物としてライトの幼馴染を入れたのは正解だったと思う。うまく使ってました。全体的に原作に忠実なんだけど(だからその部分がまったりした)映画独自の展開となる最後の最後は目を見張りました。そこはよかったので、まっさらな状態で観たら案外いい映画なのかもしれない。
あれだけのひとり芝居ができる藤原くんはさすがでしたよ。L役の松山くんも雰囲気でてたし。しかしリューク・・・

今回はなにが印象的ってエンドロールですね。
まず、リューク/中村獅堂に驚き撮影場所に品川図書館がでていて、あのシーンは品川だったのねと感心。そして最後に協賛メーカー各種の中に<有斐閣>の文字。
おー!ゆうひかく!
なんか妙に印象的でした。

後編は誰も知らない結末へつれてってくれるらしいけどどうするかな~。うー、その前に最終巻読みたい。

コメント

ほえ~

デスノート、なんか評判よね~。
実は全巻我が家にあります。読みに来るか?

YUMIさま

ほう!全巻あるんですか。
好きなの?
映画は観ないのかな。

いや

相方が読みたがっていたので、今年のお誕生日プレゼントに全巻大人買いしてあげたのだ。
しかーし、私はまだ読んでいないんだけどね(^^;

映画ねぇ、見に行く前に読破しないとね…

つーか

早く読みなされよ。
全部そろってるんならさ。
後半なんて頭ごちゃごちゃです。
ちなみに先日最終巻借りられました!
うひひ。また勢いで後編見ちゃうかも。

とりあえず、3巻まで読んだにょろ。

キラ可愛くねぇ。。。Lのキモ可愛さが素敵だ。

最終巻どうなったか気になる~~~←読めってか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/135-cf0ee549

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。