犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冒険家でもあるニコラス・ヴァニエ監督の作品。
カナダのロッキー山脈で狩人として生活しているノーマン・ウィンター自身のできごとを本人が主演し、あえてフィクションとして撮りおろした映画。

まず目を惹くのが犬。犬ぞりで生活するノーマンさんにとって犬は大切な相棒なのだ。
都会でも盲導犬聴導犬介助犬、いろいろ働いている犬がいる。それに対して、働かせるなんてかわいそうという意見もある。でも、この映画をみていると、本当にかわいそうなのはただ愛玩用になっている犬、犬本来の力を出し切れていない犬なのではないかと思う。(もちろんどんな生き物にも生きている意味はあるんですけどね。)
なぜなら、犬が人間に従順で働くようにしたのは人間自身なのだから。

犬ぞりを引いている犬は、過酷な大地を生き生きとした目をして走ってました。
こんなに生き生きしているハスキーを日本で見るとしたら・・・。
その犬にあった土地、生活を守るべきですよね。

自分は生活のために必要なだけの生き物を殺し毛皮をとり肉を食べる。それに対して、許しを得ることはしない。ただ、感謝するだけなのだ。

狩人(=人間)が狩猟をすることで生態系を守っている。増えすぎた動物や小数の動物、これらを調節することによってこれまで自然を守ってきた。

この言葉は、本当に目からうろこでした。

これまで、人間が自然を破壊している。だから人間が自然からいなくなればよくなるはず。と、漠然と考えてた。
でも、そうか。人間もいていいんだ。人間も自然界の中のひとつなんだな。

でも、いてもいい人間が減っている。ノーマンさんにとって最後の旅はもうちょっと先のことであって欲しい。と、自分勝手な人間は思うのです。

犬好きは、それだけで楽しめる映画。カナダや自然が好きな人も大丈夫でしょう。ただ、人によっては説教くさいとらえられてしまうかも。
ノンフィクションで延々鳥が飛んでいる『WATARIDORI』はさすがに記憶も飛びましたが、この映画はお話になっているので観やすいと思います。
しかし、彼に比べて妻の方がある意味孤独。男ははばたいて女は待ってる。古いタイプかなというあたり、完璧な人間でなくてよかったノーマンさんとも。

映画の中で、友人の元へ行く途中、野営している彼らに狼が近づいてくるシーンがあった。
犬はかわいいけど、狼は本当に格好良い。
闇の中を風のように現れて、ひゅぅって去っていく。
狼は犬を憎んでいるのだそうです。人間は襲わないけれど犬は襲う。
それは、人間に下った犬たちへの狼の意地なのかもしれないですね。

公式サイトはこちら→『狩人と犬、最後の旅

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/129-c0e4a73c

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。