犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<うなぎ>
多治見はうなぎが有名だそうです。
陶芸の窯が多いこの地域では、窯の作業を専門にしている職人さんが昔からいてその人たちが夏の暑い中、熱い窯入窯出作業をする為に体力をつけようとうなぎを食べたのでお店がたくさんあるのだとか。

おすすめの店は2件あるらしく、今回はお庭が素敵なゆっくりできる方の店「澤千」へ行ってきました。
メニューを見るまでもなくひつまぶしが目当て。夜のひつまぶしのコースでは、お刺身と茶碗蒸し、肝吸いとデザートがついてました。

20060824001710.jpg

これはなんのお魚?なんていいながらぺろっと食べた。あっさり白身で歯ごたえがよかった。

20060824001724.jpg

さあさあメインですよ!いただきまーす。

20060824001748.jpg

出てきたひつまぶしは、外側はパリッと中はふっくらの優れものでした。

20060824001736.jpg

ごちそうさまでした!

<うどん>
東京から食べに来る人がいるほどうまいうどん屋さんがあるというので、作業の前に「信濃屋」へ。
お店の中も小さくて、ご主人のお孫さんらしきお嬢ちゃんがエプロンつけて「いらっしゃいませ」

このお店のメニューは、うどん、ころかけうどん、支那そばの3品のみ。この辺りでは、つゆをかけた冷たいうどんのことを<ころ>と呼ぶらしい。それぞれ普通盛りでうどん600円の支那そば800円。
しかし、「小で全部」というのがおすすめのようなので3種類食べてみました。(小は半額)


20060824001803.jpg

外観からtorota好みでした。

20060824001813.jpg

<ころかけ>は、ゴマとショウガの風味が効いていた。つゆの色が濃いけれど味はマイルド。不思議でした。

20060824001843.jpg

平打ち生パスタのような支那そば。
はじめての味。歯ごたえしっかりです。

20060824001821.jpg

あたたかいうどん。
うどんは、讃岐に比べるとやわらかいものの「やわらかいんでしょー」と油断していると思いのほかコシが強くてびっくりします。
やさしい味ってこうゆうのをいうのかと思う。

20060824001832.jpg

ごちそうさまでした。完食!

とても謙虚なご主人でした。売り切れごめんの信濃屋のうどん。
インパクトが強いのはやはり支那そばでした。
好き嫌いがわかれそうですが、麺好きとしては新しいワールドがみえるのでぜひ一度はおすすめしたい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/126-b810f062

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。