犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


春期限定いちごタルト事件』に続き小市民シリーズ2作目は『夏期限定トロピカルパフェ事件』

小鳩くんと小山内さんは、これまでの苦い過去と決別し<小市民>をめざす高校生。
ふたりは同じ目標にたどり着くために、お互いがお互いを利用する関係です。
でも実際は、ふたりともなかなか<狐>であり<狼>である過去の自分と離れられず。
そしてはじまる高校2年の夏休みは<小佐内スイーツセレクション・夏>。
甘い物好きな小山内さんに、振り回されっぱなしの小鳩くん。大丈夫か?

そのかわいらしいタイトルと一見かわいらしい登場人物にだまされてはいけません。
今回は前作よりもさらにひねりが効いていて、青春小説の枠を超えましたね。
そもそも青春小説だったのか。
まったく爽やかではない主人公たち、しかし爽やかなだけがワカモノの特権ではないですから。
小鳩くんの唯一の友といってもいいだろう常島健吾も登場。
好きなんだよなぁあの感じが。
冷めた小鳩くんと熱い健吾。組み合わせとしてはベタですが、ふたりの関係も奥深い。

連作短編でひとつひとつを楽しみながら読んでいくと、すべてがつながっている。
短編としての軽さもすべてがつながった後には重い。
軽い気持ちで読み進んでいくうちに、あっさり作者の罠にはまってしまいました。
そして結末は、読みつつもtorotaが思っていたことがあっさり小山内さんの口から・・・!
ふたりの目指す<小市民>の星という定義じたいが怪しくなってきた『夏』。
苦い結末に『秋』が待ち遠しいぞ。

米澤氏のサイトによると『秋期』はマロングラッセの予定らしい。
秋だから栗というよみはあっていたけど、マロングラッセとは・・・
あんまり好きじゃないなぁ。
しかし、小説はお楽しみ。

ちなみに『冬期』は、チョコレートあたりではないかと想像していますがいかがか。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/114-46a9daf8

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。