犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の代表監督ってオシムなんですか?
川渕さんのうっかりとかなんとか言ってるようですが・・・
田嶋を呼んで!とかいわれて、呼び出されても困るよ~って感じの田嶋氏。うーむ。

W杯も決勝トーナメントに入って面白いですね。いったいなんであんなことができるんだろ?
犬と戯れるようなブラジルサッカーは楽しくて好きですが、ドイツのまじめな感じも捨てがたい。
とはいえ、4年に一度のサッカー熱。
日々のJリーグの試合は全く見ていないので、職場のサッカー好きさんにいろいろ聞いてます。
そして、また忘れる。

そんな知識のわたしが今回なぜオシムの名を知っていたかというと、
この人どんなチームも強くしちゃうんだよと、W杯前に薦められて「オシムの言葉」を読んだから。
すこぶるタイムリーだ。

オシムの言葉
木村 元彦著


読んでみればサッカーの本というよりも、自分の国がばらばらになるという苦悩とそんな時期に監督として複数の民族を率いていく難しさが描かれていて、エミール・クストリッツァ監督の映画『ライフ・イズ・ミラクル』や米澤穂信著「さよなら妖精」でユーゴスラビア内戦についてどこかにひっかかっていただけにとても興味深かった。
だからこそ、言葉を大切にする。考えて言葉を発するようになったのだなぁ。

しかし、タイトル負けの本ではあります。
タイトルでいうほど監督の<言葉>に重点がおかれてないのが残念。どんな人なのかを知るにはいい本です。
著者の意気込みは伝わってくるけど、もう少し客観的な文章の方が個人的には好きだなぁ。
カタカナ言葉が多いので、その辺自分も日本語を大切にしようよ。
メソッドが・・・とか、アンタッチャブルな選手っていわれても。
いや、雰囲気はわかるんですけどね。

ということで、さっそくジェフユナイテッド市原・千葉のオフィシャルサイトに<オシムの言葉>を見にいってしまいました。

コメント

そうなのよね~

「オシムの言葉」
さくらも読んだけど、この著者の主観ばかりでてて、
なんだかいろいろひっかかりながら読んだ覚えが。。。
たしかに、オシムの言葉っていうタイトルは
ちょっとちがうかなって感じだよね~

さくらさま

久しぶりだね~。
ほかに読んだ人もなんとなく同じようなことを言ってたよ。
でも、オシムが次期代表監督候補(もう決まったの?)だし
この夏の高校生向け課題図書だし予約アップすること間違いなしだね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/107-35cbe941

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。