犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特に観るつもりもなかったのに、なんとなく映画館へ行ったので予想外の混雑でした。
ギリギリでも座れたけど、こんなに混んでるとは・・・

もてない男2人。
でも、仕事にも生活にもこだわりをもっている。
現実にいそうでいない兄弟2人が30歳過ぎても当たり前のように一緒に2LDKのマンションに住んでいる。
そんな兄弟の兄・明信を佐々木蔵之介、弟・徹信をドランクドラゴンの塚地。
佐々木蔵之介けっこう好きなんだ。ああ、だから観にいっちゃったのか。

同じ空間に暮らす人同士の、暑苦しさやうれしさ、うっとうしさ心地よさ、空気のようでいていつもどこかで気にしている。
誰かと一緒に住むと必ずあるそんな日常をほのぼのと描いた映画。
けっこう面白かった。

何が良かったって、とにかく、2人の部屋にある本棚が気に入りました。
そしていったいどんな蔵書構成になっているのかじっくり見たい!
しかし、スコアをつけながら野球を見る人って本当にいるんですか?
携帯を使った<ちよこれいと>はちょっと楽しそうだった。やるのは恥ずかしいけど。
家にはゲームや本がたくさんあるし、なにも考えなければ楽しい生活ですね。
いくつになっても仲良く暮らす兄弟っていうのは、ありえねーだろと思いつつ羨ましい、かな・・・?
観ていたらなんとなーく同じ森田芳光監督の『(ハル)』を思い出しました。
あちらは顔も知らない見知らぬ他人がすこしずつ近づいていく。
こちらは、なにもかも見知った兄弟同士。少しずつどころかすべて知り尽くしている間柄。
『(ハル)』とは、素材が違うのだけど底のほうに流れる匂いがなんだか似ているんだよなぁ。

ちなみに、
『(ハル)』は、パソコン通信で知り合った(ハル)と(ほし)という2人が、メールをやりとりするうちに自分の心と向き合うきっかけになり、2人の距離も近づいていくという話。
主人公たちの日常の合間に、お互いが送信したメールが文字のみスクリーン上に映し出されるというのも、少し寂しいような距離感があってわたしは好きな映画です。
ネットでの出会いは、まあ、よくないことの方が話題になりがちだけど
この映画のように、少しずつ近づいていくことのできる幸せを手に入れる人もいることでしょう。

コメント

ご無沙汰でした

久しぶりにきたら、びっくり!
ログも増えたし夏っぽいし・・・笑

ネットでの出会いって。。。
やっぱり躊躇しますよね~
でも、私の周りには良い人ばかりに恵まれてますねぇ~
今のところ・・・(謎)

ちなみに、ネットで知り合って結婚した人知ってますよ~

hisaさん

コメントありがとう。
いやいや、6月の更新は遅々として進んでないのだよ。
そういやキミはネットでも、よい出会いが多いよね。
それがイロコイなのかは謎ですが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/103-1fc4bdfc

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。