犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京都庭園美術館は、一度行ってみたいと思っていたけれど
いつもやるのが、アクセサリーとかガラスとか美しいものばかりでなんとなく気がひけてそのまんま。

今回は好きな食器メーカーであるアラビアの展覧会があるので行こうよ、と家主に誘われ重い腰を上げてみました。

フィンランドなのになぜアラビア?とずっと疑問だったのですが、やっと謎が解けました。
ヘルシンキ郊外にあるアラビア地区に作られたからだったんですね。

シンプルで使いやすいのにデザイン性も追求しているアラビア作品。色づかいがステキです。
代表的デザイナーのカイ・フランクについては名前しか知らなかったけれど
彼が撮影した日本の風景写真を見ていたら、きっといい人だって気がする。
河井寛次郎や柳宗悦と交流を持っていたということは、
きっと民芸に通じる考えをもっていたからこそのシンプルさだったのだなぁ。

アラビアの作品でわかりやすいのだと、ムーミンのマグカップですね。

庭園美術館は、宮内庁が設計しただけあって庶民ってなんですかってくらいの建物でした。
建物を見せるという部分もあるのだと思うけど、あの作品点数で1000円は高い。
もっとたくさん見たかったなあ。

庭園美術館というだけあって、きちんと手入れのされたお庭でくつろぐ家族連れやハイソなご夫人がたがいらっしゃいました。
庭にある動物(豹だと思う)の彫像に乗って遊ぶお子さまふたり。
いやーのどかです。

20060614012123.jpg


20060614012134.jpg


20060614012148.jpg


20060614012159.jpg


20060614012221.jpg


帰りに恵比寿駅まで歩いてみたら、ずーっと気になっていたお店を見つけました。
その名も<小池政治青果店>
2年前くらいに「出没!アド街ック天国」で、紹介していた日本で唯一の夏みかん専門店です。
本当の甘夏はすっぱいからこれは<酸夏>って呼ぶのさ、と言ってた90歳。
うぉー、いい味出してるなぁ。これは、早いうちに行ってみないとお亡くなりになってしまうかもしれん、といいつつそのまんま。

この辺にあるのかなぁなんて話てたら、本当に道沿いにあったんですね~。
びっくり。

店の前で、買おうかどうしようかうろうろしてたら、奥からご本人が!
おお~っ。
体の調子が悪くって、耳は遠くなるし足は水虫だし(!)さって、
テレビよりも元気がなかったけど、ちゃんと店を切り盛りしていらっしゃった。
家主が甘い方の夏みかんを買って歩き出すと

おじょうちゃん!

振り向くと。あ、わたしじゃないのね。家主なのね。
90過ぎのおじいさんから見ればみんなおじょうちゃんか。

これあげる、って無農薬レモンをくれました。

20060614012259.jpg

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torota.blog31.fc2.com/tb.php/101-76d27423

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。