犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
職場への道すがら、あるお店の店先に<支援のための物資を集めています>という箱がおいてあったので
刻々と必要物資が変わると言われているし、いま必要なのはほんとにこれなのかしら?
と思いつつ、くさるわけでもないしないよりはよいだろうと
家にあったもらいもののタオルやら歯ブラシなどささやかに投入してみた。

で、帰りの電車でふと・・・
あれ?本がない?
紙袋ごと物資箱に投入したので、その中に本が混じっていたらと気が気でないのだった。
図書館の本なんだけどな。
先日は地元の図書館のブックポストに返却した際、一緒に持っていた書類がカバンに見あたらず。
もしや、ブックポストにぃ~。
とへこんで家に帰ったら机の上に鎮座ましましておったことがありました。
今日の本も明日職場の机で会えるといいな。
ああなんてうっかり野郎なんだ、あたしは。

さて、この震災ではデマだとかネットやテレビなど情報が多すぎてかえって不安になるとか
話がされているけれど
そもそも図書館では信用たる情報の基本は本なのだ。
ネットは便利だけれど、情報元が確実でない限りは参考程度にしておいた方がよい。
ということで、いくつか書架をあたってみたところ。

わりと新しくて読みやすい本を個人的に選ぶとすればこの3冊です。

日本だけでなく世界の原子力発電の導入からどのような過程を経て現在につながってきたのか。
歴史的に読むとしたらこちら↓

次世代に伝えたい原子力重大事件&エピソード―これを知らなきゃ原子力は語れない次世代に伝えたい原子力重大事件&エピソード―これを知らなきゃ原子力は語れない
(2010/03)
飯高 季雄

商品詳細を見る


原子力開発という大きな目線でみているので、放射能の使い方として殺虫だとか食品照射だとか
気づかないうちに日常レベルで使われているらしい。
グレイもシーベルトも人の名前からとられているのは最近知ったけれど
レントゲンも人の名だったとは。というか、レントゲンさんって。
すでにレントゲンを知っている今、名前と言われると逆に不思議な気がする。
第5章<内外の原子力事故から学ぶ>では、もちろんJCOの東海村の事件もあり、
JCOの社員で作業にあたることにし将来のある独身者は除外した、という点。
現場もいろいろと葛藤があったことだろうと思います。

エネルギーとしての原子力。つまり原子力発電について詳しいのはこちら↓

太陽と原子力―エネルギー供給を考える (I・O BOOKS)太陽と原子力―エネルギー供給を考える (I・O BOOKS)
(2010/01)
今仁 和武

商品詳細を見る


日本で稼働中の原子力発電所についてや軽水炉と高速増殖炉の違いなど。
よく読めばなんとなーくだった、もんじゅの危険さがせつせつをせまってきた。
危険ということで米・英・仏も(フランスまで!)断念している。
それにしてもそのネーミングセンス!
「もんじゅ」とか「ふげん」とか、多分菩薩様はそんなのに引用されたくないだろうって思う。

建造物が壊れるという点で詳しいのはこちら↓

ものの壊れ方―巨大災害の破壊力ものの壊れ方―巨大災害の破壊力
(2008/05)
小川 雄二郎、菊地 敏男 他

商品詳細を見る


災害現場での実際の写真をつかって、その壊れ方からどのように力が作用したのかを説明している本。
建物の素材と災害の状況からひとつひとつ解説。
専門っぽい本は小難しいというイメージの中で、これは読みやすいと思う。

科学雑誌ニュートンでは、<放射線 人体への影響は>という過去の記事をサイト上で無料公開しています。
→ http://www.newtonpress.co.jp/newton/radiation/html/radiation.html

ちなみに科学雑誌を探していたら、高校生向け科学雑誌「someone サムワン」というものを発見。
→ http://www.someone.jp/
もしこの雑誌が特集を組んでいたら、わかりやすいのかもしれません。
スポンサーサイト
図書館問題研究会のブログでも今回の地震について各地域の図書館からの情報を収集しているようです。
地震当日の様子など、図書館がどうだったのか現場の方からのコメントが寄せられています。
また、被災地域図書館員さんからの現場の様子やボランティア活動をしている図書館員さんの報告など載っていました。
→ http://tomonken-weekly.seesaa.net/

日本図書館協会でも<東日本大震災について>というページを開設していました。
→ http://www.jla.or.jp/
図書館の活動は著作権と切っても切れない関係にあるのですが、
緊急時ということで日本図書館協会が被災地域を支援するために、これらの権利の一部を一時的に許可するお願いをしていました。
著作権者(図書の場合、作家さんや出版社)が許可する場合(文書には”推定する”と書いてありますが)で震災の影響で情報の入手が困難な地域に対して、図書館が復興するまでの間有効だそうです。
これによると、複写物をメールやFAXで送ることや絵本の読み聞かせなどの様子を配信することができるとなっています。
全文はこちら→http://www.jla.or.jp/earthquake/20110325.html
まるでACのようだけど、やっぱりこんなことを考える。
もし医療に携わる人間だったなら迷うことはないだろう。行政の人間、福祉関係、NGO・・・
どれでもない。
どれでもない人生を選んできたのだから、それはそれで自分を端的に表しているともいえる。
なんとも情けないことだけど。

重い腰をあげてボランティアでもと思ってみても、もう人数は足りています・・・ということで。
やはりもう節電と募金だけなのだろうか。
うむ。
わたしにもできること。
しがない非常勤の図書館員でもできること。
いったいそれはなんだろう。

例えば、
今後復興に向けたとき、現地の図書館に寄贈できるよう図書を集める
避難所で青空図書館を開く
人々が求めるだろう情報を提供する
チャリティー古書店など開催する
とか?

なんでもできそうでいて、なんにもできないかもわたし。

でもまつんだ。そんなことないはずだ。
こんな時だから図書館が必要ってこともあるだろう?
被災地ではないけれど、情報を求めてきたっていい安穏を求めてきたっていいさ。
と、問いかけてみれば
命にかかわらない部署だから、必要ない。
こんな時に、図書館に来るどころじゃないだろう。
節電の方が大切だ。
というわけで、しばらく閉館することになりました。
と、えらい方々に言われてしまうわけなのだ。

そんなことあるか。
そんなことってあるか。

泣ける図書館員そんなことないさと
ぱそこでポチポチ検索したら
こんなサイトをみつけました。



なんだか鯛焼き屋が流行ってるんですかね?
最近妙に鯛焼き屋を見かける気がする。
そう思って歩くとさらに見かける。
鯛焼きっておいしいけれど、儲かるのかな。

そういえばゆるゆるうさぎめぐりの回で紹介した調神社への道のりにも鯛焼き屋さんがあって
「すずの木」っていう一丁焼きのお店は、ずーっと肉屋さんの看板が出ていて(けれどお店は閉まっていた)
ある日通ったら鯛焼き屋に変身していた。
薄くてパリッとしてて甘さ控えめお値段高めの150円。(高くない?こんなものなのかな)
袋は穴あきのこだわりか、持って帰ってもべしゃべしゃしないのはよい。
食べる人みなさんおいしいと絶賛していたのだけれど、先日買ったらなぜか耳部分が切られてなくて
魚の形ってよりも、絵の中の魚みたいになってた。
なんで?
切り取るの嫌になっちゃったのかしら。

しかしそのぱりぱり耳の部分がうまかったのだ。
どっちかっていうと、そこだけでいいね。ワタシ。

そんなこと思っていたら周りのお店の鯛焼きも気になってしまい、
駅近くにある鯛焼き屋「くりこ庵」へ行ってみた。
ここはチェーン店みたいですね。
種類も豊富お値段も豊富。
前の人のまねをして、小倉とクリーム。
鯛はふわふわの厚みで餡子ぎっしり、温かいのが袋で冷めて切ない感じではある。
なんか、ホットケーキの親戚みたい。
1匹食べたらお腹いっぱい、欲張って2匹買うんじゃなかった・・・

次の朝、トースターで焼いてみたら外はパリッと中はふわふわなんともよい食感。

んー、好みなんでしょうね。
ワタシは薄皮の方がスキみたいだけど、食に関してうるさいことはいいませんよ。
その日の気分でお好みで。
でもしばらく鯛焼きはいいか。

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。