犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いまさらいうのもすっかり賞味期限切れなのだけど
去年は梅雨のじめじめと猛暑で軽くノックアウトされていた。
だからこのブログも放置されていたのでした。
というのも、なんですかね。
人生50年といったのは織田信長だったか。
いまではその倍くらい生きるんです。
人間ってヤツは。
でもまあ、100までは生きたくないなぁ。
でもどう少なくても70くらいまでは生きてしまうんかなぁ。
なんて思ったら、いやはや人生の半分きちゃったよなんて思った辺りがやばかった。

いや、そんなことではないのかもしれない。
引っ越して初めてできたお友達、ミケコさん。
いつも通るとある家(のようなアパートのような不思議な家)の塀の上、ベランダの手すり、門の脇からたたっと寄ってくるかわいいお嬢さんだ。
(実際はそこそこ年齢を重ねていると思えども)

ミケコ


その家が改築されることになり、ああしばらく会えないのかーなんて思っていたら、
家が壊されても猫一匹。
猛暑にミャアと鳴きながらわたしの元へやってくるではないか。
飼猫じゃなかったのか?
家人が置いていったのか?
餌は?
家は?
ああ!嗚呼、どうしよう。
この暑さでは死んでしまうではないか。
軽く手を差し伸べることは簡単だが、責任はとれるのか自分。
いや実際手を差し伸べることは難しい。
自由気ままをまっとうするのが野良猫のためか。
安定した生活を手に入れ生き続けるのがいいのか。
そんなのは人間のエゴでしかないのではないだろうか。
というよりそんな覚悟もできてないし、ワタシ。
通るたびにかわいく摺り寄るミケコの腹を確認する毎日。
減ってるのか?
と、言いながら一度も餌をやることはなかった。
カバンにはいつも煮干の袋が入っていたのだけれど。
ミケコへ続く道を目にすると胃が主張してくるし。
道ゆく小学生が「あ!ミーだぁ!」と呼びかけようものなら
「おじょーちゃん!!どこの猫か知ってるの?!」
と、お母さんがいなかったら詰め寄ってましたね・・・

せめて、せめて亡骸からは目を背けずにいよう。
など部屋について、ごはんも食べず泣きながらうたた寝。

嗚呼これは、心の弱った人間に取り付くという
鬱ってやつではないのか。

と話せば
「あなたに限ってそれはありえません」
とのお言葉あり。

ま、結局はそうゆうことになりますね。

夏中触り続けたミケコの腹は常にペソペソで、でもガリガリではなかったから単なる夏バテだったのかも。
毛皮を着ているんだ。猫にとっても食欲減退の暑さだったに違いない。
毛並みもキレイだし、飼われていないにしても地域猫としての地位は確立していたのだろう。
ただし、夏を越えて安心した矢先ぷっつりと姿を見かけなくなってしまった。
嗚呼ミケコ。ミケコと小声で呼びながら通りを歩く。
怪しい女がひとり。

ミケコ2


それでもご飯は食べるし泣かないし毛布かぶってうたた寝。
あれは夏の病だったに違いない。
スポンサーサイト
いつも遠巻きにしているのに植木の剪定や植え替えをしていると何故か近寄ってくるのです。
まだふわふわの子猫だった頃も、おねーさんと2匹でふかふかの新土をいじったり掘ったり遊んでいた。
猫の手も借りたい、ほど忙しくなければ猫の手はかわいいもんです。
しかし再利用して使うために日光浴させている土をトイレ代わりにするのはかわいくない。

一番大きくて屋根の下に位置する植木鉢を2匹のトイレに指定したのだけれど、それにしている気配はなく
別の植木鉢に土を入れておくと片っ端からトイレ・・・
まあ、よそ様でしてくるよりはよっぽどいいのだけれどどれかに統一して欲しいのよ。
で、指定トイレにンコがあるーと喜べばそれはよそ猫のだったり。

とろたよ・・・
テリトリーを守れとはいわん。
だがよ・・・トイレは守ってくれまいか。

そんな願いも空しく日々は過ぎていたのですが、どうやらここのところよそ猫をみないみたい。
寒いからなのでしょうか。

日光浴土もトイレと化してはや何年。
とりあえずプランターがとろた指定のトイレらしい。
なのに公認指定トイレは閑古鳥が鳴いている。
しかし公認してしまった以上、今更それに草花を植える気にはならないのである。
ということで母は考えた。
今また、とろたの糞尿臭香しい御土を公認指定トイレに入れてみよう。と。

すると・・・
チッコしましたー!

ただしチッコだけ。
ンコは日光浴トイレにするのだそうです。
トイレ使い分け方式です。

6歳にしてやっとトイレトレーニングが終了しました!・・・か?

土いじり


日光浴土をシートで隠しておく。カサカサ音がするのでみると
こそっと近寄り土遊び。

本屋さんでなんとなく手に取った本に、地元の神社が載っていてびっくりした。

日本全国ゆるゆる神社の旅日本全国ゆるゆる神社の旅
(2010/10/12)
鈴木さちこ

商品詳細を見る


いやあ、こじんまりしてていいんだけど、地味な神社だし。
こういった本に載せるにはインパクトがない。
しかし、そうですね。
ゆるゆるたらたらもやもや散歩するにはいんじゃないでしょか。
さらに今年は12年に一度の大フィーバーでしょう。
なんといっても、うさぎ年ですから。

調神社(つきじんじゃ、地元ではつきのみやじんじゃ)は、狛犬も御手水の龍もいない。
かわりにいるのがうさぎなんですね。
ということで、今年はいつもより参拝の人が多いかもしれないです。

でも松の内過ぎて夕方行ったらこんなでした。
何事も健全なまちなので、神社だって暗くなったらすぐ閉まる。
これは16時くらいだったか。
授与所、もうしめますよーって言われた。

調神社


たいていの神社は龍ですが、ここはうさぎの口から水。

調神社うさぎ


池にもうさぎ。
こりゃ水の真ん中で帰るに帰れず困ってるんでしょうかね。
2匹で困ってお水をぴゅーっと。

調神社うさぎ2


奥にはお稲荷さんがあって、そこはお狐が勢ぞろいです。

つきのみや神社は毎月第4土曜に骨董市をやっているので、これから参拝にくるならその日がベストですね。
以前は陶器がメインだったように思うが久しぶりに行ったら布物がずいぶん幅を利かせてました。

さらに、毎年12月12日には”十二日まち”って呼んでいる歳の市があって
人波に揉まれながら買い食いするお子が大発生する日があるんですよ。
混む割には境内はすぐ終わっちゃうし
わざわざ地元以外の人を誘っていくには、申し訳ない感じがするのだけど
ただひとつ気になるもの、いや誘う価値のあるものがあるとすればそれは
見世物小屋なのだ。

このご時勢に見世物小屋なるものが立つのですよ。
みなさん見たことありますか?

みせもの


隣はいつもお化け屋敷。

おばけ


お人形に触ってはいけないのです。いろいろ突っ込みどころ満載で楽しいのです。

どっちも一度も入ったことはない。
でも前を通って写真撮ったり、蛇女に驚愕したり。
幼い頃はもっと禍々しい雰囲気に近寄ってはいけない気になったものです。
なので実際どのようなことが行われていたのかは不明。
でも、見世物小屋って名前だけは知ってたなぁ。
数年前に新しい空気を醸した小屋になっていて、エロチックガールが幕のむこうに見えたりしてね。
それはそれで面白かったのだけど、去年なくなってましたー・・・

お化け屋敷のおばちゃんの口上だけがいつもどおりに流れていた。
今年は復活したりするんだろうか。

って、まだまだ先のお話です。

さいたまの観光サイトはこちら↓
http://www.scvb.or.jp/data/tsuki.shtml
「月」に関係して御祭神は月読尊かと思っていたのに違った。
そして七不思議・・・「蚊がいない」ってすごいよね。
いたけどね。
そこはまあ、ご愛嬌。
試しにいらっしゃいませ。

調神社うさぎとトラ

ちなみに今年の年賀状は、つきのみやのお守りうさぎと待乳山聖天さまで購入した今戸焼トラさんでした。
芥川賞の受賞作よりも島田センセーの御髪が気になります。
ハンサムって少々御髪乱れていたほうがいいんだなぁ。
毎回、また発表?もう発表?って、年に二回は光陰矢のごとくです。

早いはずですよ。
もう1月後半。



・・・



とろたにおきましては新年をワタシの布団で迎えたなどという記憶はすでに抹消されたご様子です。
そうなのだ。
一緒の布団で寝たんだよねー。あの汚い物体と。ふふ。
お話の通りガキの使い途中で爆睡の娘のために、布団を敷いてくれたおかあちゃんと並んで寝ておりますと
頭の片隅が何かを察知する。
うぬぬzzz?
と、ふわふわしたものが首筋からするーって布団の中に入ってきたんですね!
足元にまるまってるぞーと思いながら眠りに落ちたわけですよ。
次の日も。
次の日は、すでに慣れたのか入ってきた記憶がないが寝ていたらしい。
が!!
目覚めるとおかあちゃんの布団で寝ていたですよ。

どうやら気づいちゃったらしい。
あらら。

なんてこともあったのに、こないだいったら人見知りされました。
とろたーって呼んで手を振るとじっと見る。
呼ぶとじっと見る。
じっと見る。

心臓ドキドキ落ち着かない。でも、大丈夫。
魔法をかければこのとおり。
とろとろにとろけます。


ほっとろた


こんな画像ばっかりね。足汚い。
実家で夕食を食べ、後片付けをしていると
ゴミを捨てに外へ出ていたハハが、玄関で
「呼んだのに、どうしてこないの!」とワタシを呼ぶ。

んん?
寒い中出て行くと、
門の内側で呆然としているハハと外側で犬のリードを持ちながらこれまた興奮した様子のご近所さんが顔をみあわせて。
いったいなにが・・・
するとふたりがおもむろに
「あれは、ねこじゃなかった!」
「足が短くてしっぽがしゅるっとしてた」
と、わあわあ話し出し、「あっちへ行った!」と現場検証。

で。
いったいなにが。

ふたりの話を整合するとこうだ。
ネコが1匹お向かいから家の方へやってくると、その後ろを1匹の動物がついてきた。
さらにその動物の後ろをもう1匹のネコが追いかけてきた。
すると最初のネコは、やっぱ帰るといったかどうだかおもむろに去り。
わが家の庭には1匹の動物と1匹のとろた。
そこへ現れたハハをみてその動物。
こんばんは。でもあっちに行くね。といったかどうか更に奥の動物嫌いのお宅へトッコトッコと移動。
なにを思ったかうちのとろたもトトトトとついていったのだそうな。

もしやあれが噂のハクビシン?
いいや、ハクビシンじゃあない。
じゃあイタチ?(ワタシの脳内ではガンバをいじめるノロイ)
いんや、イタチじゃあない。あのしっぽはイタチじゃあない!(とふたりは断固拒否)

あれはフェレットだ!

ワタシにはイタチとフェレットの違いがようわからん。
その昔ハハは自転車でイタチとすれ違ったことがあるそうな。
過ぎてから振り返るとむこうも振り返って見詰め合ったひとりと1匹。
後にだんなとなる男と一緒だった彼女は「結婚、やめとけって目で言ってたのかも・・・」
おおぅ!イタチ!もっとはっきり言葉にして!
・・・
とにかく、あの日のヒトはイタチだった。今日のは違う。

ご近所さんのご主人の目撃情報によると数日前にゴミを漁っていた動物がフェレットだったのだとか。
誰かのお家から逃げ出したんだろうなぁ。
この寒空の下いったいどうやって暮らしているのか。
というかどこで?
ハハが言うには、人間を見ても落ち着いた感じで去っていった。
それにしてもなんでうちのはついて行っちゃうのかねぇ。

とろたと野良フェレット。どうやら友好的にお友達になったようです。
帰宅したとろたに、異文化交流はどうだった?何語で話した?
どこに住んでるコ?ねえねえ!
女の子だったのぉ?
と、無駄なこととは知りながら聞いてみましたよ。

もちろん返事はなく。満足気におやすみ。
元は箱入りとはいえ今は野良。しかもどこに住んでいるやら。
ああ、変な病気うつされてくるなよ?
とろただって、大人ですから!
ふむふむ、こ、これは・・・むむむっ
興奮のあまり新聞ビリビリ。

NEC_0372.jpg


とはいえ、最近の新聞の薄さといったら驚きです。
夕刊なんてぺらっぺらだ。
そんなわたしも実家で手に入れるか気が向いたら駅で買うかといった程度。
まったくお恥ずかしいが、ネットでは読んだ気がしないのも事実なのだ。

池上さんだって読みなさいといっています。

池上彰の新聞活用術池上彰の新聞活用術
(2010/10/01)
池上彰

商品詳細を見る


小学生から「新聞」を読む子は大きく伸びる!小学生から「新聞」を読む子は大きく伸びる!
(2009/07/21)
池上 彰

商品詳細を見る


池上彰の親子で新聞を読む!池上彰の親子で新聞を読む!
(2010/02/19)
池上 彰

商品詳細を見る

遅ればせながら、ご挨拶です。
きっと今年も遅々とした亀の歩みだろうと予想がつきますが、
どうぞよろしくお願いします。

さて、みなさんどんな年末年始をお過ごしでしたか。
ワタクシの年末年始といえば、口にするのもお恥ずかしいいつもどおりでありましたよ。

ギリギリにカレンダーと年賀状を作成。
(あ。2011年カレンダー注文受付中~。ってもうどこでもセールしてる時期になっちゃいましたね。)
31日帰省。買い物、きんとん作製、ガキの使いの途中で爆睡。
気づけば日付は新年に突入しておりました。
おお。二年続けて同じ展開・・・
そしてちょうどその頃、とろたの恐怖の的であるイトコのmちゃんが第二子出産!
2日。箱根駅伝5区柏原くんの「やったぞタナカー!!」に、ほろり。
3日。9区のタナカ確認後、京橋近辺にて観戦。
仕事途中のタクシーの運ちゃんやらおひとり様観戦の異国の方、抜け出してきた?板さん。
観戦するヒト観察も非常に有意義。
それにしても今年の勝負はよかった。目の前を通る渡辺監督の「逃げろ!くるぞ!!」の鬼気せまること。
今年の監督車はトヨタでしたね。(去年はアシモがいた)
そしてタナカ、とってもいヒトなんだろうな。東洋は来年リベンジだ!

その後親戚の集いに参加。陶芸家夫婦の息子(ソウスケ改めセントクン改めすでに大僧正の風格!)に年配者はめろめろである。
大僧正様を拝見したい方はこちらをどうぞ→りんたろう飴

そんなこんなであっという間に休みも終わり、日常がやってきたのだ。
今年もあっちゅう間に終わりましたなんてことにはならないように、気をつけねばね。

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。