犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その昔、小学生の頃、不幸の手紙というのが流行ったことがありまして。
「~この話を5人の人に回さないと不幸になる」とかいう類のものですね。
記憶が正しければ、それにより食事も喉を通らなくなり痩せました。あは。
まだまだおじょーちゃんだったので、まじめに受け取っちゃったのですね。
回さないと不幸になる、でも誰かを不幸にするのもダメ。
と思ったら、フリーズしたわけです。
そんな時、「全然信じてないから、回していいよ。」といってくれる友達がいて。
ああ!あたしって偽善者!!
彼女はどうしてるだろう。
幸せだといいけれど。

なんでそんな話をしたかというと、
母のメールに「神の手」なるチェーンメールが回ってきたからなのでした。
それは、ふたつの手が何かをかかえこむような形をした雲の画像とともに
「沖縄で何年かに1回あらわれる『神の手』という雲だそうです。
幸せになってほしい人7人に送ると願いが叶うらしいです。」
という文章がついていて。

あまりにも不自然な雲なんですけど。
ありえないでしょーこのきっちりな感じは。

幸せになるというのなら、悪いことではないけれど、それだって携帯会社の陰謀?(メールをたくさんさせたいとか・・・)なんて穿った見方をしてしまう。
なんてひねくれた子に育ってしまったんだろう!

さっそくネットで調べてみると、かなり以前から話題になっているものらしい。
自分の周りにはいなかったのかな。

あるブログでは<「神の手」はどこから来たのか>というテーマで調べた記事が載っていてとっても面白い。
すごい調査です。よくここまで調べたなぁ!
結果、まあ、海外のたちの悪いジョークを日本では別解釈でチェーンメール化したということ。

いやー、神の手・・・
神様、その手で何をしているんだと思います?

これを最初にチェーンメールとして発信した人は、どんな人なんでしょう。
確かに、不幸になるわけではないので、痩せるほど悩むことはないでしょうが
でも誰かを本当に幸せになってもらいたいと思って送った人も、いないとは言い切れない。
現にとても悩んでいて、そのメールをもらって少し気持ちが晴れたという人もいたのです。
送ってくれるってことは、自分を気にかけてくれる人がいるということ。
チェーンメールでも、なんでも、よい知らせを貰ったらうれしく思う人もいる。
だから、幸せチェーンもよい面もあるのかもしれない。

でも、やっぱり思っちゃうのですよ。
チェーンメールって人の気持ちをふんずけちゃってるんじゃないかなと。
かつて悩んだ偽善者からみると。
スポンサーサイト
実家に帰った時は、魂を吸い取られるようにテレビにくぎづけ。
未だ、テレビなしでがんばっております。

時は遡って、1月13日。
NHKをつけていたら「にっぽん熱中クラブ」なる番組が始まり、福岡県立北九州高校のあるクラブの紹介をしていました。

その名も、魚部(ぎょぶ)

なんだか、のんびりマイペース~な感じの部員たちの活動は地元の水辺の生態を調べるというもの。
魚部スーツを着て、川で魚を捕獲する姿はよかったなぁ。
自分はもったいない高校生活を送ってきたなぁと、またしてもないものねだりです。
さて、観察するために採るわけで、キャッチ&リリースですね。
(<魚部ってる?>というブログで活動内容を公開していますよ~)

そして、さしずめうちのとろたは鳥部。
しかもキャッチ&リリースのできない・・・

次の日こんなメールが届きました。

  やっぱり、ぼくは、鳥部でした。
  おかーさんに、採集したのを見つかってしまったのです。

   とろた


だからなの?
今回の石騒動。これは鳥の呪いかもしれん。
現在、外に出たいデタイヨーという本猫の希望叶わず自宅療養中のとろた。
窓辺に走り寄ったので、何かと思えば視線の先にはヒヨドリのヒヨちゃんが・・・

16日に病院で石の詰まりは解消してもらうと

はぁ~すっきりー。
昨日からつらかったよー、つかれたー

ふて寝とろ


こちらも安心していたのに、午後になっておしりをチェックすると

あら!しずくが!!

膀胱が腫れて炎症をおこしているせいで、麻痺していて自分で認識できないのか
まだ石が詰まっているのか、ポタポタと水漏れです。
トイレに行ってもなぜか隅っこでするので砂の上じゃなく”へり”にしてしまったり。
残尿感があるのか何度もトイレにいってはこれでもかと砂を掘る。

次の日また病院へ行くと、またおしっこが溜まっているとのこと。
自分でしているけれど、やはり全部は出せていない。
ペットシーツの上に寝るようにしても、すぐに絨毯の上にはみ出す。
いろんなところでトイレを試そうと徘徊&外に出ようと家中を試行錯誤するので
トイレの砂は家中に点在。
そのたびに、シーツの上にとろたをもどす。
窓辺やストーブの前にもシーツを配備。
そして常にほうきでせっせと砂集め。
某ネズミ帝国のお掃除隊に負けないくらいすばやい、ほうき捌きになりました(笑)

このまま、下のお世話をし続けるの?!
と恐怖の我らでしたが、
少しずつ食欲もでてきて、うずくまって瞑想していたのが外に出たいと眉間にしわを寄せて怒ようになり。
元気出てきたじゃないか~
21日に病院でしぼってもらったのを最後にとりあえずお漏らしはない様子です。

今日、分析結果が出たそうで
石の成分はシュウ酸カルシウムでした。
そしてやはり専用の食事をあたえるよう言われたらしい。

仕方ないですね。
でも、普通に猫が大好きなキャットフードとかあげていて、なんでなんでしょ?
高塩分とか高カロリーとか変なものとかあげていないのに!!

やっぱり、原因は鳥・・・?
どこまで食べてるのだ、とろた?
お昼休みに携帯を見ると、職場の人宛にメールがきてました。

 図書館のみなさんお元気ですかぁ?
 お久しぶりでございます。
 新年のご挨拶もまだでした。
 今年もよろしくお願いいたします
 私、不覚にも~ちょっとお恥ずかしいのですがオシッコが…
 石がつまって出なくなり~ただ今療養中の身~
 あんなに辛く、恥ずかしかったのは初めてです。
 でもtorota家の動物は下系の病気になりやすいとのことで…
 私も晴れてtorota家の一員となったようです。

   トロタ

なんとものんきなメールですこと!
しかし、そうなのです。
ことは16日の早朝5時30分。携帯がなりまして。

「トロタの様子がおかしい。どうも、オシッコが出なくてつらいみたい!」

うぉーお前もかぁ!
かつて飼っていたマックという犬も石がつまってそれはそれは悲しそうにしていました・・・
なぜ?なぜに律儀に男の子系病気になるのだ?

病院へ連れて行くと、膀胱がぱんぱんです。
さっそく先生と看護士さんに連れられて奥へ。
待つことしばし。しばし。

わぁ~っ!!
と歓声が聞こえて、torotaさーんと呼ばれる。
「これが詰まっていたんです。」
とても小さな石のようなものがねばねばしたものに包まれている。
そしておちっこがち~とでて。
みなさん、大変喜んでくれています。
「大人しくていいこねぇ。我慢強いねぇ。」

単に、ビビッてるだけですがー。
本猫はきっと、褒め言葉も耳に入っていないであろう。
しかし、ああぁーとろさん。
簀巻きにされて、ちっちゃな男の子の証をおねーさんたちにマッサージ・・・

出てきたおしっこは血が混じっていて、その色が赤ければ赤いほど苦しんだ、我慢強い証拠なのだそうです。
膀胱が腫れて中の毛細血管が切れてしまうのだそうです。

診断結果は尿道結石。
動物にできる石は、人間と違ってその8~9割がマグネシウムでできていて
カルシウムが1割。たまーに、アンモニウム結石のコがいるのだとかで。
尿検査の結果・・・

「うーん。マグネシウムじゃないですね。石を分析しないとわからないです。」

なぜ?なぜそんなところだけ希少なのだとろたよ。

マックの経験によると石を防ぐために食事療法となり、高額でまずい餌を与えることになるのだが。
それにしても、元ノラ猫とはいえとろたはキャットフードしか食べたことがない。
(まあ、フレッシュミートはないことにして)
それなのに病気になるってなんなのだ?!

で、考えてみると

①しばらく前から、トイレに長く座っていることがあった。
②よくお尻をなめていた。(ムシがいるのかと心配していたが、違ったらしい)

最初はなかったのに、去年のおわりくらいから徐々に調子が悪くなったのだとすると、やはり交通事故が原因なのではないかと思う。
後ろ足を骨折した際、腎臓と膀胱もかなり撃っていたから。
だとすると、オシッコを出す力が弱くなっているとか神経系にも原因が考えられると先生。

うーん。
どちらにせよ。分析結果が出ないとなにもできないのだけど。
とりあえず、しばらく安静。外へ行くなどもってのほか。
ダメだよ!と注意するまでもなく、食欲なしのぐんなりとろたなのでした。


頭をかかえるとろさん

おれ、いたいしはずかしいし・・・なんでちっこでない~

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。