犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『あるスキャンダルの覚え書き』

ジュディ・デンチとケイト・ブランシェット。
このふたりの競演と聞いただけで期待に、いや恐怖におののいてしまいそう。

教師が15歳の生徒と関係を持ってしまうという実話が元になっているが、
そこはフィクションとして上手に作られている。
奔放で魅力的な女と頑なな中年女。
2人の孤独な女の生き方が一瞬交差したときにおきる出来事。

繊細な心の襞、一般的な人間の思考が丁寧に演じられていてさすがです。
ただ、禁断の恋愛に対する周りの反応が日本と欧米では違うのかもしれない。
あんなにも性的解放区アメリカなのに、どうしてこんなに問題にするのか?
そんなことも思ってみたり。

がっつり演技の怖い女をみたいときはおすすめです。

『恋愛睡眠のすすめ』

『エターナル・サンシャイン』のミシェル・ゴンドリー作と聞いてみたかった映画。
ハンサムは、3枚目をやっても無理があるというtorota説をくつがえす
ガエル・ガルシア・ベルナルの好演。
なさけなくって、とてもハンサムくんとは思えない!
SP岡田君といい、ハンサムでも小さいというのはプラスなんだね。きっと。
シャルロットとの身長差が視覚的にもそれぞれの性格をあらわしているようで、
よいキャスティングでした。

夢の世界と現実世界の折り合いがうまくつけられないステファンくん。
偶然隣に住むことになったステファニーのことがきになるのだけど・・・

大半が夢の中シーンで、
なにもかもが誇大妄想。
どんどん夢と現実の境がなくなって
もう、このヒト映画じゃなかったらやばいです。

すぐに自分の頭だけで答えをだしちゃう。
ぐるぐるぐるぐる悩んで、どんどんどんどんマイナス方向に走って
勝手に結果を出して、勝手にしょげる。
口で言えないからってそんな行動とるか!ってこともするし。
結局ひとりで殻に閉じこもっているばかり。
笑えるけれど物悲しい。

この監督は、人の記憶とか脳にとても興味があるようで前作もそうだし
失ってしまう記憶、現実逃避の夢。
それらをさらに現実離れした映像にしてみせてくれる。

次回作が楽しみ。

計らずも2作とも孤独な人が主人公。
どんなに楽しくても結局人はひとり。
そこから足掻く人々。
前者は強烈に、後者は臆病に。
スポンサーサイト
年内期限の地元シネコン限定タダ券をもらったので、さっそく行ってみた。
それにしても、もらう前には多少気になる映画があったのに
あんまり見たいのがないのですー。
みたいものは単館ばかり。
でも、無駄にするわけにはいかぬ。
人にあげようにもこの時期、地元に来てくれてもいえない。

どれにしようか。
悩んだあげく、そうだキャストで選んでみよう。
そうだ、そうでしょう。

豪華キャスト勢ぞろい!

『魍魎の匣』

前作は興業的に成功だったのでしょうか。
2作目ということは、そうだと思うのだがー。

中盤の、榎木津さんが犯人を追ってひた走り!のあたりが最高潮で
なのに、そこからどんどん崩壊していくのは私の気のせいでしょうか。
原作を読んでいないのでなんともいえないが、これは最高傑作、映画化不可能と言われたものを映像化した映画なのでしょ?
あまりにも唐突にマッドサイエンティストな世界に突入で、
どんどん突っ走る登場人物に置いていかれてしまいました。
クドカンの茫漠とした感じも薄いし・・・
うー、それぞれの人物描写がもっと出せたら一緒に走っていかれたかも。

ただし、全体に漂う戦後の妖しい雰囲気はいいですね。
中国ロケだったからか、本当の日本と違うところが逆に不思議感を出していて
そしてオーボエ(と思う)の音色が余韻を・・・
と、突然エンディングに東京事変。
なんで?

帰り道、ふと箱づめされた犯人を思い出し、さしてグロくもないのに胃の付近が・・・。

テンションが下がっていくのがわかる、
これは、魍魎につかれてしまったのか。
こんな時こそ猫が欲しい。
うずうずとする胃のあたりに、ほんわりとした猫の暖かさは最高なのだ。

ということで、次の日もタダ券握りしめ

『スマイル~聖夜の奇跡』

これなら、気楽に楽しんでみられるはず。

もう始まっている時間なのに
「本日は比較的空いていますので・・・10分前からご入場できます。」
と教えられて入ったスクリーンには

人がひとり・・・

いやー誰もいなかったらびびってしまうところだった。

アイスホッケー映画というとその昔『栄光のエンブレム』なるものをみて、
あの激しさ、ペナルティボックスがんがん叩き、罵詈雑言あびせまくり。
やってみたいと、燃えたものです。

つっこみどころは多々あれど、子どもとは思えない大迫力のホッケーシーンは大満足。
私の好きなミスドテイストな玉木くんやら佐藤浩市やらカメオ出演も豪華。
ただし塚本崇史は本人だということが気づかないくらいさりげなさすぎです。

さて、
映画をみ終わった時には4人になってました。
しかも全員女の一人見。

だからどうってこともないけど。

今年を振り返ると、いろいろ変化にとんだ一年だったトロタです。
5月に交通事故、入院、自宅療養生活、イライラ・・・
そして、こちらが根を上げて7月気まま生活に復活。

さらに10月。
トロタおもらし事件!
ちょうど私が引越しをした頃、せっかく覚えた”お家でトイレ”を放棄して
こっそり座布団におしっこ・・・
母の布団におしっこー・・・
トイレの砂が悪いのかと、違うものを買ってみてもダメ。
外で使っているトイレ植木鉢を玄関に入れると、不本意そうにしていたけれど
それもしばらくしたら使わなくなり。

えー、猫って一度トイレを覚えたらOKなんじゃないんですかー。

この話をすると、みなさん「torotaがいなくなって寂しいんじゃない?」と言ってくれますが
それなら、知らない人を見るような目でみたりしないはずでは。
トロター、忘れたのか~!!(泣)
なんとなくあの頃、不安定だったみたい。
一応今はまた、”エサをくれる人”という認識に戻っているようではあります。

ここでtorotaは考えた。

事故後、約3ヶ月の自宅生活。耐え切れなくって、ストレスで体の掃除しまくり。
その後、夜は外出禁止令で3ヶ月。耐え切れなくって、ストレスで粗相。

3ヶ月の法則

あー、そんな悠長なことを言っていられません。
今は粗相することはないのですが、それでも旧torota部屋の洋服ダンスの中から
出てくることがあるらしく、しかも片付け切れない写真の束の上に寝ているらしく。
おしっこされたらどうしよ。
母もトラウマのように、布団にされたらどうしよ。

みなさん、猫のトイレトレーニングのよい方法がありましたら教えてください。
ヘルプ!

そして、”しろくろ”として近所をふらふらし、飼い主をひやひやさせ。
ゴミ捨て場に死んでいた(誰かが捨てたらし)ネズミを持ち出し、飼い主をあわあわさせ。
(ネズミは食べてはいませんでした。)
なにをしているのだか、夜はパトロールにでかけ。

まったくもって、気ままなヤツ。

そんなトロタのことを
「本当に、3才なんだなぁと思った」と母。
ある日、テーブルを拭こうとふきんを持っていた母を見て

!!!
あわわ~、と逃げ出した。

どうやら、
オレ体拭かれるのキライ。

いつも白いので拭く

おかさん手に白いの持ってる

逃げなきゃ~
と、いう構図らしい。

犬のように、そこから先の思考はない訳ね。

でもそんな永遠の3歳児にメロメロ。

とろさん
職場のすぐ近くに木下大サーカスがきたとある方が、

「キリンが見えるんだよー。触れるんだよ。」
というので会ってきました。
もちろん、はじめて見るわけではないですけどね。
あーんなに大きな動物を間近に見ることってないじゃないですか!
どんなに奇特といわれようとも、行ってきましたとも。

「本当に来たの?暇人」
なんて言葉にもめげません。

マサイ1


さて、彼の人が
「マーサーイー」
と、呼ぶと

マサイ2


しゅるしゅる

マサイ3


しゅ~

マサイ4


首がしゅるしゅる降りてきたと思ったら、

はい、こんにちは。
鼻息がすごいねぇ。生暖かいよ。

そんなマサイのステージ本番の演技は、バナナを食べること♪

いることに意味がある。
そんなヒトっていいよね。
彼の(たぶんオトコのコでしょう)ステージも見なくてはいかんなぁ。
リメイクって好きですか?

年々リメイクやシリーズ化が増えていてちょっと辟易としてしまう。
韓国で大ヒット、じゃあ権利買いましょう(byハリウッド)
日本で大ヒット、じゃあ権利買いましょう(byハリウッド)

買ってもいいけど、しょうもないのはやめてねー。
『ドラゴンボール』の行方がとっても心配です。(ああ、リメイクではないか。)

あと、小説が売れたら映画化してドラマ化して・・・っていうのもいい加減あきませんか?
どっちかでいいじゃんって思うの。
しかも、連ドラにして2時間ドラマでもやってっていうのも、放送の無駄使いじゃない。

なんだか、怠慢だなぁ。

ただ、そんなリメイクも使いようによっては面白いのでは、とも思うのです。
例えば、ハリウッド版にもなった『シャル・ウィ・ダンス?』
フランス映画の『愛されるために、ここにいる』はフランス版『シャル・ウィ・ダンス?』のようだとも言われていました。
実際はリメイクというわけではないようだけど、同じテーマでも各国によって見せ方やとらえ方が違う、価値観が違うというのが一目でわかるっていうのは面白い。
どうせだったら、いろんな国で独自解釈『シャル・ウィ・ダンス?』を作ろうよ。

そして、そのまんまリメイク。
旧作や名作の台本をそのまんま使うリメイク。
ディカプリオの『ロミオとジュリエット』もシェイクスピアの台本だし、古いものを新しい解釈でというリメイクは個人的には好きですね。

ってことで、前ふりが長くなったけど織田ちゃん版『椿三十郎』です。
黒沢版と同じ台本、同じ時代設定というまんまリメイク。
監督と出演者が違うだけでどうなるのか。
こうゆうの、結構好きです。
ひとつで二度おいしいっていうの。
ただ確実にいえることは、旧作を超えることはないってこと。
三船さんの椿三十郎を見た人は、絶対そちらの方がいいって思うだろうなぁ。

幸か不幸か今回私は本家を見ていないので先入観なく楽しめた。
スーパースター織田ちゃんはいつも大抵”織田ちゃん”なんだけど、今回はちょっと違う。
ほほぅ。こんな演技もできるんですね。殺陣も違和感なく、迫力あって。
三船さんの暑苦しさムンムン(っぽい)のに比べると、ややまったりな、ギラギラしてるというよりはのらりくらりというような三十郎はそれはそれでよかった。
だって、まったく同じものを見たいわけじゃあないし。
ま、「抜き身の刀」とは言えませんけどねぇ。

しかし、もしかして、旧作は主役(三船)ありきだったのかもしれないけれど、
この映画の楽しさは脇役です。
中村玉緒&鈴木杏母子、そして悪人おじさんズ(モリオちゃん最高!)、あと敵なのに捕まっちゃってどうしようの佐々木蔵之助・・・あれ、もしかして全員?

そう、みんながいて、主役があって、面白い。
そんな感じがした。

意外にも笑える話だったんですね?
もっと荒々しい男臭い映画かと思ってましたよ。
それが織田ちゃんだからなのかどうなのか、三船さんのも見なければなるまい。
引越しをしてびっくりしたのは、みなさんとっても律儀に引越し祝いをくださることでね。
自分はその昔「引越しするとタオルが必要なものなの」という友人の言葉に従い、
大抵タオルをプレゼントしていたものですが

「何か欲しいものがあったら言ってね」

という言葉に遠慮なく
あれも欲しい、これは高すぎだろう?と考えた挙句
欲しいものを言うと「そんな日常品ではなく・・・」とダメだしがでたり。

しかし、例えば「お皿が欲しい」と言ってみたとして、
自分ではきっと選ばないだろう柄だったり、
そしてそれらがとてもかわいかったりしてそうゆう意外性も楽しい。
安心感と驚き。
プレゼントにはそのふたつが入っているととてもいい。

そんな引っ越し祝いのひとつに「王蟲の植木鉢」というものがありました。
こんなの見かけたんだけど・・・と言われ
即答で、じゃあそれをぜひくださいと!

「腐海の森にしてね♪」ともらった王蟲は予想以上に小さかった。
手のり王蟲。
透き通った体の中に、付属品の土をほぐして種(芝の)を植えると2日程度で

王蟲1

芽がでてきた。
早い、早いぞ。

王蟲2


そして、2週間後には↓

王蟲3


確かに森は育っている。
しかし・・・腐海…?
っていうより、髪が生えたみたい。
誰かが、
王蟲、鼻毛がでてるよ。
といいました。
うちの係の係長が病欠でお休みして、はや3ヶ月。
仕事に理解のあるいい人ほど、自分を壊してしまうのですね。

仕事しない人ほど、元気にやってきては職場でネットやってます・・・

そんなある日、新しいカカリチョがやってきましたー。
その名も、バーバパパカカリチョー。
うぉー、なんもできない、ただそこにいるそれだけなのに
この癒やされ感はなんなのでしょう!!

バーバ係長2

カカリチョ、遊んでないで仕事してください!

バーバ係長

せっせと仕事にいそしむ、カカリチョ。

同じ係の人と、
「いいねー。ずーっといて欲しい。」
「仕事なんてできなくてもいいの。そこにいてくれるだけで!」

しかし、バーバカカリチョは児童係さんがある出版社のバーバパパフェアに応募してGETしたものだったのでした。
応募してみたものの、本当に当たるとは思っていなかった児童係さんたち。
送られてきたバーバカカリチョをみて、
「こんなにおおきいの~!!」と大盛り上がりだったのでした。

そしてその勢いで、意気消沈しているうちの係に出張させてくれていたのです。
カカリチョは、正真正銘バーバパパとして地域のお子さんたちのために
児童室にデビューする日がくるのです。

そして、その日。

「係長、仕事してください。」
と、児童担当さんに手を引かれ旅立っていったのでした。
朝はいつも急いでいる。
でも、小学生の通学路で信号無視はできないね。
偽善者なんで。
なので朝はいつも青信号で。

駅に近づくにつれ、なにやら聞いたことのあるような声が・・・
駅前で朝、声をあげている人といえば議員か右な人々か。
本日は右的な方々の車が置いてあり、でも、なんか変。

それにしても、この声は、それらしくないぞ。
いやにソフトな感じなのですが。

うーん、うーん。
と、考えていると誰かが誰かに

「ミッキーの声に似てるんだ!!」

おおっ。
ザッツライトですよ、あなた!
喉を細くして脳天からするっと出したような、あのネズミ声。
ぷぷっと笑みをひとつもらして駅に突入。
改札を抜けるそのとき、

「以上、淡谷のり子のお願いよん♪」

って、モノマネ?!
今はこんな工夫をしてるのか、それとも趣味か?
ご近所づきあいというのは、微妙な空気を読みつつ投げつつ牽制しつつ付かず離れずやっていくもの。
そんな付き合いがなくなってきているという話を聞きますが、何十年も同じところに住んでいる人たちには自然とできてくるものですね。
良くも悪くも。

ある日、母が庭に出ているとお向かいのおじさんと遭遇。
そしてそんな時にかぎってトロタは前をいったりきたり。
微妙な空気が流れる・・・

あの・・・猫ご迷惑かけてますか?

あの”しろくろ”のこと?まるで主のようにくつろいでうんちしたり、してるよ。

・・・主・・・ってことは、お家に入ったり!?

いや、オレの顔を見たら逃げてくけど。あれ、torotaさんちの猫なの?

・・・あ、いやー・・・ごにょごにょ・・・悪さしたら石投げてくださいね(できれば当たらないように)

投げてます。

というやりとりがあったそうな。
確かに、おじさんはいつもお庭をキレイにしている。
猫に粗相をされちゃあ頭にくるよなー。
でもとても穏やかな方なので怒って怒鳴り込んだりしないわけです。
しかし、母曰く「とろたがうちの猫だと知らないわけはない。」のだそうな。
そしてトロタ!人間見るとオロオロするのに、それでも行っちゃうのは何故なのだ。
スリルとサスペンス?

一番の解決方法はトロタがちゃんと家のトイレで用を足してくれることなのですよ。
わかってるのかトロタ~。

ただ、その話にはおまけがあって
別の近所の飼い猫はおじさんのお家にも入ってくつろいでしまうのだそうです。
あらら出自の差がでたな。
いやはやそちらの方が「ぬし」じゃないですか。
だって人の顔見てあわあわ逃げてくって、そんな「ぬし」はいないでしょ?

さてこんなメールが届きました。

こんばんは。
つちぼこりで しろくろ ならぬ GLAYくろ になり 
おかさんに拭かれ、拭かれしたのに GLAYくろ
おかさん泣いてます。
いま、カゴに入って自分でおそうじしています。

・・・くろ
静かな住宅街なので、夜はしーんとしている。
けれど、前の一軒家の流しの音が聞こえたり!?
ここは5階なのに!

昼間でも
ぼーっとちっさなちっさなベランダに出て(このマンションでベランダに出てる人間なんてきっとあたしだけ)
隣の空き地を見ていると、猫がそそそっって通りを走り・・・あ!人間がくる!
で急回転で塀を飛び越えてあるお家の庭へ回避すると、当の本人が門から入ってきてさらにびっくり!!

なんて光景を見ていて、チッチって猫に合図送ったらちゃーんと聞こえてる。

音ってなんだかすごい。

今、音の話題に敏感のtorotaです。

なぜなら・・・

購入したエアコンの室外機がうるさーい。
やはり実家と同じナショナルにすればよかったか...。
ブンブン野郎と名づけました。
とっても性能がいいという話で、わーステキなんて思っていたのに静かな夜に響くブンブン。
何か?ちっさなベランダが気にいらねーってのか!と脅してみたり、ちょっと静かにしようねとなだめてみたり。
最近はさすがに慣れてきたけれど、下の人がうるさく思ってないかと部屋でひとりあわあわしてしまうのです。

ま、古い部屋だし場所の問題かもなーとも思うのですが。

スタートのモーター音がうるさいだけで、暖かくなれば普通らしい。
部屋はすぐに暖かくなるしやはり性能は悪くないようなのですがねー。
コツを覚えてブンブン時間を少なくするため日々努力です。

そんな、母曰くのんきな日々を過ごしているある日その人はやってきました。
初めての見知らぬ夜の訪問者。

「NHK受信料の集金です。」

あれって引っ越してきたってどこで知るんですかね?
不動産屋と絡んでるのかな。

えーと、テレビないんです。ウソと思うかもですが。

と話すと、
「ワンセグの携帯電話はお持ちですか?」

そうきたか!
ワンセグも受信料の対象かー。集金するの大変だなぁ。

ま、もちろん携帯にもそのような機能はついていないのでした。
引越しにつきもののNHK集金。
やはりやってくるんですねー。

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。