犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本は、さんご礁の北限と流氷の南限だということ知ってましたか?

魚の顔面博覧会で有名な中村征夫さんの写真展。
恵比寿の写真美術館には約150点が飾られていて見ごたえありました。
まばゆいブルーの海から汚れてくすんだ海まで。
あらゆるところに海があって、そこがどんな環境でも生き物もいる。
人間の影響はささいなことでも大きな結果となるのだなぁということがよくわかる写真展でした。

海外の海、日本の海、中村さんのライフワークである東京湾におもしろ魚コーナーときて、
最後の部はモノクロで撮る海中写真。
色がないということが、結果としてそのものの姿かたちを明確にしていてカラー写真から受けるよりもずっと惹き付けられた。
見ていると吸い込まれそうで怖い。海の本質を表しているようでした。
モノクロの静謐さ。そして何より美しい写真でした。
実物大のクジラの写真も圧巻。

海の写真ときくと、カラフルできれいな写真なんだろなーって軽く思ってたんですがさすがでした。
2万7000時間も潜っていた人にしか撮れない、わからない世界を見せてくれた。

それにしても魚って、動物を使った名前が多いですね。
オオカミウオ、ネズミフグ、ネコザメ、ウミウシ、カエルウオ・・・
あ、ウミウシは魚ではないか。
大量のウミウシ写真を見ながら、いしいしんじの「ポーの話」を思い出した。意味不明だったけど、ウミウシのおじょうさんたちはこんなにも美しかったのですよ。名前もステキ。

本日で写真展は終わりですが写真集がでてます。


スポンサーサイト

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。