犬小屋にネコ

ぐうたら図書館員がおくる猫の話。映画や本の話などもたまに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あっという間に大晦日!
早いものです。

年末の休みには、部屋を片付けて…などと考えていたのに
いまだにとうてい美しいとは言えないまま。

それというのも
29日30日と映画なんぞ見に行ってしまったからで。

今年中にblogでしたいこともあったんだけど。
ま、来年でしょうか。
というか、もう来年しかないですね…

スポンサーサイト
20051227003815.jpg

世の中も最近はあまりクリスマスクリスマスしなくなったのね。
なんて思っていましたが、それは勘違い?
23日のティファニーはひとだかりでした。

   ☆   ☆   ☆

イブの前日に新宿を歩いていたら、街はちょっとウキウキしていました。
伊勢丹も入ってびっくり!
アクセサリーや女性の小物類の売り場にたくさんの人が。
みんなプレゼントなんでしょうか。 
そうですよね。すごいな~。

そんな姿を目にして家に帰ると
NHKではドキュメンタリー番組の再放送を放映していました。

⇒続きを読む

寒い日が続いていますね。
ブルーが寒々しかったのでテンプレートを変えてみました。
しかし、
本当はもっと冬っぽいのにしようと思っていたのですが
"タグ"がちょっとうまくいきませんで…

こっちのテンプレートにしてみました。

これまでよりも暖かそうになったかな。

職場では風邪ブーム再び、といったところ。
わたしは今のところ大丈夫です。

みなさんも気をつけてくださいね。
20051223002530.jpg

野毛山動物園のぺんぎんは〝てぃんてぃ~り~〝と歌った。
かどうかは謎ですが。


     ☆    ☆    ☆
おもしろそうだなと思ってもチケットがなければ入れません。
今年(も)チケット戦線破れまくりです。
電話なんてかけたってつながらないのさっ!

ということで…

ファンクラブに入ってるものは友人のだんなでも使え

です。

その結果…

山崎まさよしin武道館
アリーナツアー最終日の21日に行ってきました。
武道館って初めて入りましたが、古い感じがなかなかよかったです。
今回はいつものメンバー以外に<服部隆之とラッシュストリングス>もいて
さすが10周年ですなという感じ。
その、ストリングスさんたちがとてもよかったです。
まさよし聴きに来てモーツァルト聴けるなんて!!おいしすぎ!
ノリもよく、峰くん率いるR☆Sオケのヴァイオリンチームを思い出した。
(byのだめカンタービレ)



⇒続きを読む

「そして、ひと粒のひかり」みるの忘れた!!終わってるよ。

「夜のピクニック」原作はすごく評価されていますが、映画はどうでしょう。

「Jの悲劇」もうすぐ終わってしまう~

「探偵事務所5」池袋に行ったついでに見ようと思ったら、朝1回だけなんですね。
 
「さよならみどりちゃん」<第27回ナント3大陸映画祭 主演女優賞&準グランプリダブル受賞>ナントってどこ?

「天空の草原のナンサ」ポスターにやられた。

「東京ゾンビ」どうだろ。どうなの?

「運命じゃない人」探したら、やってた映画館は高崎でした…

「Mr.&Mrs.スミス」あまりの混雑に敗退。やっぱり映画は平日ですな。

「プライドと偏見」以前、コリン・ファース版もみたし。

「THE有頂天ホテル」配役すばらしいし。三谷幸喜。気になるは、気になる。

「愛より強い旅」ロマン・デュリスに注目なので。

☆新文芸座で恒例<シネマカーテンコール2005>やってます。
 個人的にはこのラインナップでいいのか?って思うものもあるけど
 2本で1300円は安いので、見逃したものがあるかたはお得ですよね。
 明日までの「ライフ・イズ・ミラクル」「ヴェラ・ドレイク」はtorotaもおすすめ。
 行きたいのはウディ・アレン2本とフランスもの2本。行けるかなぁ。
20051215235210.jpg
すっかり疲れきったおたま

何年か前の誕生日に『おたま』という本をもらいまして。
(おたまとは何かといわれれば、おたまじゃくしの編みぐるみと答えるしかありません。)
くれた本人は、どうゆう意図だったのか。
裁縫の苦手なtorotaです。

本を1年寝かしたあとで、突如思い立ちました。

かぎ針どこいった?

そして、
眉間にしわを寄せ、肩がこっただの、なぜうまくできない!だのと
騒いだ挙句、やっとできあがった第1号を犬に見せると

ぱくぱくぱく~っ

どうやら気に入ったようで、いつ見せてもぱくぱくしました。
おじいちゃんだったからね。
その1号は、犬の名にちなんで<まったま>と命名。

その後、着々と職人のようにおたまを作成。
そして、作った分だけ里子にもらわれ、ついに1匹になりました。
(あ、<まったま>はいますよ。別格ですから!)

ひとりのんびりのおたまライフ。

そんな生活もいつかピリオドが打たれるわけです。

まだまだ遊びたい盛りだったとろた&ちびたにおたまをみせると…

それ、それなに?
遊んでいいの?いいの~?


たたいて噛んで跳びついて、犬小屋で一夜を過ごしたこともありました。
なのに今では知らん顔。

ああ、おたまの受難ライフ。
でもきっと気にしてないね。がんばれおたま!

*<おたま>で検索するとオフィシャルサイトにいきます。興味ある方はどうぞ。
20051213232622.jpg

犬小屋の屋根の上からこんにちは。

寒くなってきました。
今日、公園の土に霜ができててびっくり!
この冬の初霜体験。
まだ、しゃりしゃり具合は未熟なものでした。
それにくらべて、落ち葉のサクサク具合は最高です。
うれしくなって、がしがし踏んでしまいました。

とろた&ちびたも2度めの冬。
去年はママと3匹で雪も経験しているのですが
知ってしまった家の暖かさはネコを軟弱にしてしまったようです。
玄関が開くとぴゅうっ~っと家の中へ飛び込むとろた。
ちびこねえさんは、相変わらず。
しかし、最近は
「あたしも、入ってみたいの!」と、ばかりに
ホットカーペットにあがってみたりイスの上に陣取ってみたり。

ねえさんがくるとこっちが気を使ってしまって大変です。
まず、玄関を閉めるとあわてて走り出すし(なので寒い。)
目の前を横切ろうとすると走って出て行くし。

今日は、いつもより落ち着いてイスに座っていたので
大丈夫かなと、向かいのイスに載っていた荷物を取ってみたら
速攻で走り去っていきました…
いや、門の前まで逃げなくても。

相変わらずのねえさんです。


20051211235131.jpg


小石川植物園の紅葉は12月はじめがきれいだという情報を得まして
いってきました。

途中、<茗荷谷三原堂>の前を通るとおいしそうなゆきだるま。

20051211235147.jpg

その名も“スノーマンDEどら”。見た目だけでなく中身もいけます!


植物園は、不思議なことに入場券を切る人はいるのに
券の販売は目の前のタバコ屋でするという形式で…
うーむ、やる気のなさがとてもよい。
中はかなり広く、人は少なく、いい感じでした。
あっさり、フィルム4本消化。
のびのびとした木の様子や
捨てられた猫たち。
(売店の人の情報では数匹住んでいるらしい。捨てないで欲しいですね。)
所々にある土の盛り上がりはモグラの仕業。
ヒマラヤスギの種子(?松ぼっくりみたいなもの)を拾って
手についた花粉をみては、これが花粉症の元なのか~と感心。
かなり堪能しました。

月1で写真を撮りに行こうかなぁ。

帰りに、ずっと気になっていた紙屋さん<紙哺直>に寄りました。
紙屋ではない、ここはアートギャラリーだ…。
ステキですが、どれもなかなか手の出せるものではなく
ただただ、圧倒されてきました。

晩秋の紅葉にお散歩に小石川植物園、おすすめです。
20051211224930.jpg

       



  イカの影



現代アートってよくわからない、というのが本音ですが
想像していたよりずっと楽しかったです。

入り口でチケットを買う時にはじめて入場料を知ったのですが
1800円という値段が高かったのか安かったのか…
映画と同じと考えれば、いろいろな作品を見られたという点でお得なのかもしれませんけれど。

しかし、ほとんど知識を入れずにいったので
まず、直接見てみたいと思っていたのは<イカ>でした。

…わかりませんよね。
あの、チケット売り場から会場に続く道の上にはりめぐらされている紅白の小旗です。
少し前に横浜に行ったときに相棒が
「なぁに?あれっイカが干してある~!」
とうれしそうに言っていたので…
はためいているその姿が確かにイカっぽい。
それ以来、あの旗の名前はイカになりました。

昨日は、真っ青な空と白と赤の旗とできれいなトリコロールでした。
もしかして、それをねらっての配色だったのかな。
風の強弱によって、パタパタいう音も速かったりゆっくりだったり
なんだかそれだけで楽しかった。


⇒続きを読む

久々にライトノベルを読んでます。
あとちょっとで読み終わるので読んでから帰ろうと
仕事後に机で読書をしていると、

「妙にかわいい表紙だね~、そんなの読むんだぁ。」
とのお言葉。

そうです。読むんです。

     @  @  @

何を読んでいたかというと…
『彩雲国物語 ~はじまりの風は紅く~』雪乃 紗衣著

今、わたしは<予約>の仕事もしているのですが
この本は予約が多い、
そしてどうやら幅広い年代の人に読まれているようなんです。
まさに老若男女!字のごとく。
どんな話なのか気になるじゃないですか!!

物語は、古代中国ファンタジーといったところ。
家柄はよいが、実は家計は火の車というお姫さま秀麗が
高収入にひかれて、やるきのない王の教育係として(表向きは妃として)王宮へ!
さて、どうなることやら…

藍、紅、碧、黄、白、黒、茶のそれぞれ色の姓をもつ名家があったり
<国試>という試験があったり中華的要素満点です。

しかし、主人公の知らぬところでいろんな展開が…
もっと秀麗が、ばりばり活躍するのだと思っていたけれど。
まぁ、老若のステキな殿方たちが活躍してるので
それはそれでいいんですけれど。
というか、1番すごいのはじいさんなのか?!

テンポがあって、あっさりと読める手ごろ感がいいですね。
デビュー作ということで、今後の期待◎

     @  @  @

と、読んでいるそばから
「中国っぽい?ってことは『十二国記』みたいなの?それとも田中芳樹?」
「おすすめのライトノベルってなに~?」

などと、話は進んでいくのでした。
いや、読んでるんだって!

『十二国記』は、1冊めで挫折したtorotaです。
サルとかでてきて、かなり重くて読んでて楽しめなかったんですよね。
そんなことを言ったら1巻目から読んではだめだ、との指令が。
2番目の『東のなんちゃら』から読むと楽しいらしい。

う~ん、じゃあ再チャレンジしてみようかな~。

20051206224825.jpg


     そんな話をこっそりと聞いている
     おたま&タミフル(みかん)






20051206225053.jpg
 
      だって、“タミフル”。
      (見えづらいけど、書いてあるんです。)
      なぜかよく机の上のみかんに顔ができてる。
      ビタミンCで風邪知らず。








彩雲国物語 はじまりの風は紅く
雪乃 紗衣〔著〕
角川書店 (2003.11)
通常24時間以内に発送します。


友人が看護学校に合格しました。

この友人、
いつも自然体でマイペース。
ふらふらしてるかと思いきや
実はきちんと物事を考えて歩いているオンナだったりするのです。

いつも「バイトしたい」が口癖で
就職活動もたいしてしてない風を装って3月に就職決定。
まっとうにいきたいと思っていたtorotaの方が、プー生活に。
なんだかなぁ。

この春受験の為退職。
そして、今月合格通知がきたとのこと。

     ■  ■  ■

わたしの周りの人々のなんとバイタリティのあることか!
夢を追いかけている人、生活の為に働いている人それぞれいるけれど
みんな落ち着くところに落ち着いているというか…
やっぱり決断力の違いかな。

とにかく、それぞれ自立しているのです。
それに比べて自分は中途半端だなぁと感じ入ってしまいました。
ああ~、決断力底なし。

そんな気分の時
黒沢清監督作品『アカルイミライ』をみた。
オダギリジョー、浅野忠信、藤竜也。
不安定でヒリヒリする感じの映画なのかなぁと思っていましたが
思いのほかあと味のよい映画でした。

     ■  ■  ■

工場でバイトをしている2人の青年の不器用な生き方。
人生に目的を見出すことができず、現実から目をそむけている仁村くん(オダギリジョー)と
一見おだやかそうな風貌の奥に危険な心をもっている守(浅野忠信)
そして、5年間も息子と会っていない守の父(藤竜也)

守が殺人をおこすことによって守父と出会う仁村くんの現実への覚醒の物語。

キーワードはクラゲ。
家の床下にいるクラゲ、川を流れていくクラゲの映像は
とてもきれいで幻想的に登場人物の心を動かしていきます。

それにしても、藤竜也はかっこよすぎです。
そっか、
そうだね。
そろそろ覚醒しないとね。

映画見るとすぐに影響を受けちゃうtorotaです。
長続きしないのが問題だけど。

友人Aよ、合格本当におめでとうね。
期間限定商品には、特にこだわらないのですが、
9月に福島に行った時
「ままどおるのチョコ味買ってきて~」
との要望にこたえるべく努力してみました。

しかし、
おみやげ屋さんでは普通のままどおるしか見つからない。
お店に行けばあるかも!
と思ってガイドブックを見ても
<ままどおる>では、探せないんですね~。
そりゃそうか。
会社の名前が思い出せず、すっごく苦労しました。

三万石

忘れませんよ。もうぜったい。

そして、やっとお店にたどり着けば
売り子のおじょうさんが申し訳なさそうに
「10月からの期間限定商品なんです。」

ないはずじゃないか!!

そんなこんなで、11月。
母が福島へ行ったので、おみやげにと買ってきてくれました。

たくさん試食をさせてくれて、
別の店舗にもチョコままどおるがあるか確認してくれて
本当に親切な店員さんだったそうです。

20051201225546.jpg



見た目はいつもとあまり変わらず。
少しこげ茶色が濃いくらい。





20051201225558.jpg



中は、チョコ餡です。冬に食べるとほっとする味。
11月から5月まで発売しているらしいです。




これが予想以上にうまい!
普通のままどおるより好きかもしれません。
福島へ行くことがあったらぜひお試しあれ。

そして、あっという間に12月ですね。
冬は好きですが、年末年始はあんまり好きではありません。
もうすぐ今年も終わっちゃうんですなぁ。

torota

Author:torota
寒いとつい、家でゴロゴロ。
お外にでようか、ぬくぬくしようか。

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。